ことはゆイベント

…今月の初めの事である。久々にやらかしたのだ。

遡ること11月…。月初めの第一月曜にやってる件のインターネットラジオにて「12/24はニコ生やるよ~」と自分は確かにそう聴いたハズであった。


「おお、そうかそうか。」


…と、油断しきっててっきりノーマークにしていたわけです。←ここで冒頭の話に繋がる。


で、12/5にルンルン気分でラジオ待機してたら「緊急告知~。」という女神三人によるアナウンスと共に知らされたイベントの告知。同時に知ることになったセカンドショット内の先行抽選の終了(笑)。


ググって出てきたそれらの情報を見て一瞬とはいえ絶望の淵に落とされた事は言うまでも無い……。
繝峨ャ繝育オオ50
「きいーー!!僕は会員なんだぞ!」
繝医y繝・ヨ邨オ52
「地味に堪える…。」


それはさておき、まぁ、月一更新なんだからタイムラグは仕方がないでしょう。11月分の放送日は11/7。公式告知日は11/15…ってお~い!空白ありすぎじゃん。

とは言っても、結局のところケないのは自分。そもそも、中のひと三人の他番組では告知していたでしょうし…。最近は殆どHDD肥やしてるだけなんだよな…。いや、それ以上に、その日程を見る限りじゃモン娘オンラインで確実に暇が無かったゾ(日平均3時間はやってたからな。)。久しぶりに情報の大事さというものを再認識しましたね。


そういう訳でヒヤヒヤが続いた12月でしたが、それでも何とかイベントには行ってきました。セーフ…。
IMG_3889.jpg
(おみやげのラバーストラップ。和菓子を商品化したいというような話もありました。)

毎度の事、某番組から続くこのメンバーのイベントは素晴らしき緩さ(アットホームってこと)加減で進められることもあり、イベントではやはり終始笑みが絶えませんでしたね。ここ最近で一番の息抜きができた感じです。こりゃいい年末だなぁ~悔いはない。
…ところで、ブログも月一で更新しないと左の日付欄が空白になる訳であり、それは当然寂しいので、せっかくなら”ことはゆイベント”を記事にしようかな、と思った訳です。それに久々に参加した声優のイベントでしたし、元来当ブログは気になったことを書くのが目的だった(はず)。
2015072216403640c.jpg
「やっぱりアニメ系のイベントはいいッ!」

そんなわけで、まだまだ名残惜しいイベントの気分を留める感じに、想い出半分、ツッコミ半分で筆を走らせようかと思います。うろ覚え部分が多いので正確さは欠けているでしょうがご容赦くださいね。
それでは(`・ω・´)どや!
関連記事
[ 2016/12/27 23:26 ] 声優 | TB(0) | CM(0)

モン娘オンラインに費やしたこの一ヶ月。

 前回更新のちょうどその日(10/14)は、モンスター娘のいる日常オンラインのサービス終了が告知された日でもありました。

f_000088[11]
 
 さて、モン娘オンラインがどんなゲームだったかというと、ラミアだったりハーピーだったりと、いわゆる人ではないモンスター娘と呼ばれる存在と日々を過ごす(世帯主のところにホームステイしてくれる)ゲームでした。原作漫画は当然「モンスター娘のいる日常」。

 「は…?何よそれ?」…っていう反応が聞こえそうですが、そういうゲームです。まぁ簡単に言えば、某艦娘のゲームみたいなモンですよ。

monmusu20.png
①こんな感じにモン娘を出迎えて…。
monmusu19.png
②ステイしたモン娘をデッキにして戦い…
monmusu18.png
③ケアクリームでお世話し…
ハル
④コレクションする、と。

 一見するとどっかしらZ指定っぽい気もしますが…もちろん全年齢で健全でしたよ(たぶん笑)。むろんながら正直人を選ぶゲームではありましたが、モン娘は好きな作品だったし、何より自分がブラウザゲームを始めるきっかけになった作品でもあったので結構思い入れがありました。毎日ログインしてリフレッシュ気力200%のモン娘デッキで期間イベントを周回する…これは個人的に嫌いな作業ゲーだけど、案外それが日課にもなっていたようですね。

 ゲームに登場するモン娘は創作系の伝説やら伝承というものが元ネタになっていて、世帯主(私)はそれほど詳しくはありませんが、wikiに詳細に書いてくれる同志がいたこともあり、そういうのを掘り下げて知るきっかけにもなったんじゃないかなぁ。ジャッカロープとかイースターバニーとか知りませんでしたし。ってか、ビマ…おまえすごいなw(詳しくはモン娘オンラインwiki参照)。

 …そんなこんなで、去るサービス終了の11/22、12:00のタイムライン上は自分を含めたモン日の世帯主の皆さんは葬式ムードでしたね。アクティブユーザー数は少ないと思いますが、名残惜しい声は随所で見たような気もします。でも、実は12時ジャストに終了したのではなく、若干の猶予がありました。消えたのは12:01ごろ。突然のシャットダウンはおそらくすべての世帯主が嘆いたことでしょうな。それでも最後に時報をいれてくれたのは運営さんの思いやりでしょう、ありがとうございます。最後の時間は上記のモン娘、ハーピー族猛禽種のハルとともに過ごしていました…。

~~思い出とか。

monmusu21.png
 モン娘オンラインのサービス終了は自分はてっきりランたんの新手のイタズラかと…(笑)
monmusu13.png
 SRランたん。Gジェネ的に言えばクレア・ヒースロー的な立ち位置にも思える。
monmusu11.png
 …おや、そういえばこんな娘もいたな。(というGジェネ発売の雰囲気から)
Nエルダー
 幻の(?)Nエルダー
monmusu2.png
 超超級のクリアがすごく大変だった。


 モン娘オンラインでは、最終的なモン娘の数は180体いましたがその中で自分が集められたキャラは164体…コンプしたかったなぁ。せめて絵違い以外のオリジナルキャラは欲しかったゾ。エナとシャイアさえあれば…!ってね。またいつかモンスター娘のいる日常オンラインが復活するといいですね。そんな淡い期待を抱きながら過ごしたこの一ヶ月でした。

 ちなみに公式さんによると、ステイしてきたモン娘たちは無事故郷へと帰られたとのこと。ハーピーの生息地があれば是非教えていただたい。…え?ダメ?

 最後にハロウィンのときに描いた絵を一枚。
ran完成
 「勝利のポーズ、キメ!」ランたんよ、永遠なれ。

 年末あたりに思い出動画でもupしたいと思っています。


ps

 ここ最近やりたいゲーム(続編とかビックネームなど)が久々に豊作でゲーム三昧な日々を過ごしてます。9月の二人の白皇から始まり、BF1・Gジェネジェネシス、Watch Dogs2、これからスパロボ・GTスポーツ?など目白押しですね。そういうわけで、母艦PCのグラボを変えてみました。
gtx.jpg
k2000→GTX1060

 「1060は正直買いですよ、奥さん!」…じゃないけど、これがあれば大体のPCゲームがハイスペック設定で遊べますよ。しかも、値段が3万くらい。人によっては高い気もするでしょうが、gtx1060の性能はgtx980に大体匹敵する性能を持ち合わせています。gtx980自体が2年ほど前のものなので当たり前といえばそうかな。とはいえ、980の値段が10万クラスだということを考えれば破格の値段です。4k画質とか複数モニター表示、ライブ配信なんかを考えてなければ十分すぎる性能なのダ。あ、ちなみにあれはvRAM6GBモデルです。一昔前のGTA5でも容量はそうそう使い切れませんね。

 今のところBF1をプレイしていて不満に思ったことはないです(設定は1080pでウルトラの場合は。)。問題はshadowplayの録画がうまくいかない場合が多い点。HDDへのアクセス速度が問題かもしれないけど(USBオーディオも怪しい)、それ以外は快適すぎます。一番安かったんで玄人志向にしましたが、メーカーは好みで選ばれるといいのではないでしょうか。OCもしないんで満足満足。

 また、今後遊びたいジャンルとしてVRが挙げられるのでそれも踏まえての購入でした。ただし、VRはgtx1060でおおよそ必須スペックなので、とうぜんながら推奨スペックではないでしょうね。VRHMDを接続しての動作がどうなるかは分かりませんが、そん時はそん時です。当分はこれで遊べるから十分じゃないかねぇ。PS4のPSVRも気になるけど、ギャルゲが出なきゃ買わんw。

 …ところで、こんな金どっから出てきたのかというと、ブラウザゲー用に買おうと思っていたwinタブから、ですね。モン娘オンラインがサービス終了したんで一旦は保留ということになりました。また他にも候補としてはMacbookAir2016が消滅したこともあります。仕事用に欲しかったが、pro程の性能はいらないし、MacBookもどうせ来年発表あるでしょってことで候補から外れる。そこで目が言ったのが1060だったというわけです。

 そうそう。モデリングソフトでZBlushCoreが出ましたね。k2000だったのはそういうことを趣味でやってみたかったからと結構前に書きましたが、ようやく良さげなエントリーモデルのソフトが出てくれました。余裕が出たら買っていじってみたいです。

 それでは今月はこの辺で。


 おまけ
小日向 未来2
小日向未来の誕生日に描いた絶唱しないっぽいシェンショウジンのミク

火向井ゆり4
バトガの火向井ゆり
関連記事
[ 2016/11/25 21:21 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

今月は……。うたわれ全然終わらん…。

2015072216403640c.jpg
 「おい、キャロルよ!毎月恒例のシンフォギアが滞っておるではないか?どうしたというのじゃ?」
繝峨ャ繝育オオ56
 「俺が知るか!…いえ、私は知らないのですよ、板場姫殿下。」

 …という中の人からの連想で最近の現状が分かる人は分かるでしょうね(笑)。それっぽく話すとすれば、、、

2016101323331090e.png

 「聖上、ネコ…いえ、キャロルに変わり某がお答えいたしましょう。今月が別段忙しいという訳ではありませぬ。ただ、某にはやらねばならぬことがありまする故、作業の程が滞っております。--して、その訳…でありますが、聖上もご出演なされている「うたわれるもの二人の白皇」を寝る間を惜しんで進めているのが遅延の最たる理由。なにとぞ、聖上にあらせられましては寛大なお心でご容赦願いたいと存じまする。」

2015072216403640c.jpg
「なるほどな、オシュトルよ…って!もういいっての!アニメじゃないんだから!」

 という仮面の人(?)の言うように、某はうたわれを9/24から10/11までの期間で大体50時間→68時間経っても終わらん、、、をプレイしてます(笑)。ゆっくりやってたり、途中放置しているので実時間はもう少し短いはずですが…大体の私的時間はうたわれかブラウザゲームのオート戦闘放置ですごしていたら流石に時間がたりませんのよね。そんなわけで、今回は「うたわれるもの」についての思い出話でもちょっとですが書こうかと思います。

 あ、ちなみに、さっきの中の人ネタが分からない人に言っておくと、アンジュ=赤崎千夏さん=板場弓美、ネコネ=水瀬いのりさん=キャロル…という構図でした。その他にもうたわれには、エルフナイン役の久野ちゃん(シノノン)も出てたりしますが、某右近衛大将お二人は出てませんね(音響監督でも違いますし)。…まぁ、んなこたぁどうでもいいよな、アンちゃん!


 さて、「うたわれるもの」との出会いは高校時代にさかのぼります。正直どうしてうたわれるものに触れるようになったかという切っ掛けは定かではありません。強いて言うなら、あの当時は声優さんに興味が出始めた時期でもあり…その時観ていたアニメというのはグイン・サーガやらCLANNADでしたね。もしかすれば、そういう関係で候補のひとつにあがったのかもしれません。ユーーズーーハーー!(中原さん)なあの人が共通して出ているからでしょうか?能登さん出演のアニメで選ぶことはありましたが…記憶は定かではありません。まぁ、そんな訳で、うたわれるものはアニメから入りました。


 とはいえ、当初は抵抗が大きかったでしょう。仮面…しかも某赤い人とか某タキシードみたいなカッコイイ仮面ではなく、どちらかといえば能のような異形の仮面です。ナンダコレハ?というのが率直な感想だったはず。とはいえ、このうたわれるものにはそんな抵抗を覆すいくつもの好きな要素が詰まっていたのです。いえ、つまり過ぎていました(笑)

1 過去の遺物をめぐる物語。または、その手のものが物語りに含まれる

 コレ重要。好きな作品をちょっと上げてみると…『シンフォギア』『そらのおとしもの』『マクロス』『ターンA』『イデオン』『ワイルドアームズ』…などなど、ジャンルは違えど、大体超常的な産物(遺物)が関わる作品ですね。それも、過去とは何か?人間とはどこから来たのか?…とでも言いたげなお話が揃ってます。当然、『うたわれるもの』もそのひとつで、むしろこういうものが好きになった最初の作品だったりするんです(上記作品はあくまでロボットという見方でしたし)。まぁ、それが「うたわれ」でわかるのはだいぶあとになるんですが、分析の最初になるのがやっぱりコレかなとも思いました。(とはいえ、某ティアーズな作品はまだ未プレイなんですよ…)


2 聞いたことある声が多数…。

 自身は声オタ…とまでは思っていませんが、やっぱり声優さんの芝居は好きです。とりわけ、映画の吹き替えって結構面白かったりするんですよね。字幕とセリフが違うのを意識し始めたからかもしれませんが、いわゆるアドリブだったり、「あ、この人ジャミルの人だ」という雰囲気の違いからそこを楽しむようになりました(声優さん自体興味を持ったのはラクスと水銀燈からだが)。

 それで、うたわれるものといえば、当時から知っていた声優さんが多数いたわけでして…つまり、聞いてて安心したんだろうなというのも理由にあがります。主人公ハクオロを演じる小山力也さんやカルラ役田中敦子さん、ベナウィ役浪川大輔さんといえばドラマや映画の吹き替えでよく見る顔ぶれですし、それ以外にも沢城さんや釘宮さんという顔ぶれも有名です。いや、中後半になれば某東方先生や赤い彗星、リュウさんも出てくるという(笑)実に楽しい(うれしい?)面子ですね。おそらく、これが第二の理由になります。

20150802092810985.jpg
「カーカッカッカ!…ん?わしゃこんな喋り方だったのう?」

 そうそう、うたわれと言えばラジオも有名ですよね。嘘か本当かは知りませんが、作品は知らずともラジオだけは知ってる、または、ラジオのために原作見たなんて人もいるとかいないとか。演技が上手い人たちが必ず話し上手であるとは限らないでしょうが、本編そっちのけで楽しいのもうたわれの魅力でしょう。

 ちなみに、仮面のメイドガイに出会ったきっかけはくそういう理由です、はい。一人二役なドラマを聞いたのが出会いでした。
fc2_2015-08-22_07-15-53-092.png
「クークックック…奴の笑い声は表記上この俺と似ているが実際は違うからな。」


3 キャラが好きだった!

 最初期のブログヘッダーは謎の黒い羽の生えた少女でしたね。いわゆるモンスターのような天使のような亜人間が好きなんですよ。なので、オープニングで目に付いたのはアルルゥとムックル…ではなく、カミュだったりしました(笑)。うたわれといえば、いわゆる獣耳キャラが出てきます。そゆの好きなんでココはハクオロさんより抵抗ありませんでした。
fc2_2015-08-14_00-52-21-407.png

「なに…!?自分はそんなにも抵抗があったというのか?」

 一話でエルルゥの尻尾を触るシーンは萌えましたね(なんか懐かしい響き)。あのシーンは結構お気に入りです。
fc2_2015-08-14_00-52-06-062.png
「まだそんな事覚えているんですか。」
「まてエルルゥ!これは違うんだ!!」


4 うたわれは臣下の成長物語?

 この解釈が本当に正しいか…とは言い切れませんが、自分にはそう感じた節があったので書きます。普通、物語といえば主人公が成長していくお話ですが(むろんハクオロさんも成長していますが)、どちらかというと、周りの人々(臣下)とハクオロさんの関係の成長物語のようにも感じます。簡単に言えば、真の大人(もしくは上司?)とは何かというテーゼに触れる作品だということです。個人的に空想の上とはいえ、ハクオロさんほど頼りにしたい大人というものはあまりいませんね。

どこがいいかというのをあげるとキリがないですが、印象的だったのは、カルラがハクオロに故郷であるナトゥンク援助を願うシーンですね。カルラはその対価として自らの魂までを捧げるウィツァルネミテアの契約を持ちかけます。そんな隷属的な交渉に対してハクオロは否定せず静かにカルラの要求を受け入れるのでした。むろん、受け取ったのはその覚悟のみです。ただ、あのシーンには、ハクオロの大人の対応、そして、カルラにしても普段の軽々しい雰囲気を出さない正装で臨むという、両者のシーンがよく写っています。他者から影響されたのがきっかけではありますが、変化がよくわかるところだと思います。そんな光景がうたわれの好きなところの一つでもありますね。

 …といった具合に好きな要素が重なっていたこともあり、のめりこむのはあっという間でした。大学になってPC版原作をプレイ(これはこれでムフフであったが)し、時期的にOVAの販売、そしてPS3の続編…という流れに乗る形で現在に至ります。とはいえ、続編発表からすんごく待たされましたよね。一時は中止したんじゃないかというくらい情報がありませんでしたし。いきなり実写CM観たときはビックリしましたよ(笑)。

 
 …さて、長々と書いちゃいましたが、今プレイしている二人の白皇もエンディングが近いことは確かです。完結という名にふさわしい総キャスト勢ぞろいで繰り広げられる物語は、ハクオロやトゥスクルのその後や、大いなる父(オンヴィタイカヤン)の謎、それから当然帝暗殺やオシュトルたちの足取りが分かる作品だといえます。…ので、絶対買って損はないはずです。紙芝居は苦手、ページをめくるゲームは苦手…という貴方、大丈夫フルボイスです。アニメ100話分の密度なんだから絶対買うのじゃぞ!

以上!

PS:キャラ崩壊ごめんなさい…。

 ゲームはもうそろそろ終わるので、月末くらいには完成すると思います。


 
レンゲ6
バトガの蓮華を描いてみました。
関連記事
[ 2016/10/14 23:34 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

ビッキーの誕生日…。

「どん臭いなんて名前じゃない!私は立花響、15歳!誕生日は9月の13日で、血液型はO型。身長は、この間の測定では157cm!体重は・・・もう少し仲良くなったら教えてあげる!趣味は人助けで、好きなモノはごはん&ごはん!後は・・・彼氏いない歴は年齢と同じ!」


今年もやってきた立花響の誕生日。…ということで、絵を描いてみました。
立花 響4
「あばよ…お父さんの相棒!」
「やめてくれ響ッ!!!」


 お父さんを演じるのは関さんことデュオ・マックスウェル(っぽい)…だという、中の人つながりのネタです。ビッキーは今年で何度目の誕生日なんでしょうかね。元ネタはEndless Waltzのワンシーン、デュオがデスサイズを破壊しようとした光景。自爆ですが、死ぬほど痛くはありません…なんせ震撼が抜かれてましたので爆発しませんでした。

 個人的にはSEEDのフレイとクルーゼが出会うシーンのオマージュが良かったんですが、そするとお父さんメインになっちゃいますしね。「声がお父さんに似てる!?」…的な。

 そうそう、マックスウェルといえばWA3のヒロインことヴァージニアの性もマックスウェルでした。デュオだけ色気づく、なんて気もしますが、ビッキーのお父さんはエロ親父じゃないことを祈ります(絶対違うだろ)。
ヴァージニア


おまけ。
繝峨ャ繝育オオ67
ドット打ち楽しいですよね。

繝峨ャ繝育オオ68
BD5巻の調ちゃん。
関連記事
[ 2016/09/13 23:57 ] 戦姫絶唱シンフォギア | TB(0) | CM(0)

戦姫絶唱シンフォギア・シンフォギアGの名言集

 戦姫絶唱シンフォギアにて俺のheartに熱く響いたセリフを抜粋したぞ!クリックして記事に飛べます。
(追記2013.11.18)現在進行中の『シンフォギア全セリフ集』のリンクも貼りました。
(追記2014.04.22)シンフォギアG名言を追加しました♪
(追記2015.06.07)戦姫絶唱しないシンフォギアの全セリフ集を追加しました。

記事の見方 


・展開、場面、シーンがが変わる時
の水平線。


・会話が同時(被る時)にされるとき
響「ぁ…!」
翼「ハッ…!?」
(たとえば何かに気付いたときなど。)


・同一の話者が連続して喋る時などは次の話者名を省略
フィーネ「フッハハハ!フィーネとして覚醒したのは私一人ではない。」

「歴史に記される偉人・英雄。世界中に散った私たちは、パラダイムシフトと呼ばれる技術の大きな転換期にいつも立ち会ってきた。」


・話者の心の内のセリフ
クリス「(ずっと私は…パパとママの事が、大好きだった…!だから、二人の夢を引き継ぐんだ。パパとママの代わりに、歌で平和を掴んで見せる…。私の歌は………その為に……!!)」

見づらくてすみません。全部書き終わったら表にして会話をまとめます。(2014.6.10)


EPISODE 1覚醒の鼓動
→(全セリフ集)

奏:「おい!死ぬな!!目を開けてくれ!生きるのをあきらめるな!!」

EPISODE 2 雑音と不協和音と
→(全セリフ集)
翼:「・・・そうね。貴方と私・・・闘いましょうか」

EPISODE 3 夜にすれ違う
→(全セリフ集)
響:「私、自分が全然ダメダメなのは分かっています。だからこれから一生懸命頑張って、奏さんの代わりになってみせます!」

EPISODE 4 落涙
→(全セリフ集)
クリス:「のぼせ上がるな人気者!誰も彼もが構ってくれるなどと思うんじゃねぇ!」

EPISODE 5 なお昏き深淵の底から
→(全セリフ集)
弦十郎:「そうじゃない。稲妻を喰らい、雷を握りつぶすように打つべし!」

EPISODE 6 兆しの行方は
(全セリフ集)
ふらわーのおばちゃん:「おなかすいたまま考え込むとね、嫌な答えばかり浮かんでくるもんだよ」

EPISODE 7 撃ちてし止まぬ運命のもとに
(全セリフ集)
未来:「嘘つき!隠し事はしないって言ったくせに!」

EPISODE 8 陽だまりに翳りなく
→(全セリフ集)
板場:「うぬぬ・・・こんな時、アニメだったらどうするんだっけぇ?」 

EPISODE 9 防人の歌
(全セリフ集)
緒川:「風鳴翼の夢をお願いいたします・・・!」 

EPISODE 10 繋いだ手だけが紡ぐもの
(全セリフ集)
了子:「カ・ディンギルとは、古代シュメールの言葉で高みの存在。転じて、天を仰ぐほどの塔を意味しているわね。」

EPISODE 11 月を穿つ
(全セリフ集)
フィーネ:「ッフハハ、フィーネとして覚醒したのは私一人ではない。歴史に記される偉人・英雄、世界中に散った私たちはパラダイムシフトと呼ばれる技術の大きな転換期にいつも立ち寄ってきた。」

EPISODE 12 シンフォギア
(全セリフ集)
安藤:「あれ・・・本当にビッキーなの?」

EPISODE 13 流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして―
(全セリフ集)
襲われた少女(一話で響が助けた女の子):「お姉ちゃん達かっこいいーー!」

 以上、13話分の名言をまとめました!(被りの都合上、一部ネタセリフの見出しになっておりますww)

 それでは戦姫絶唱シンフォギアGに備えてフォニックゲインを溜めておきますか!!

IMG_0574.jpg
シンフォギアァァァァァァァ!!!(listen to my song!!!!!!)



シンフォギアGのセリフについて。

やりません。というのも、ありがたい事にBD特典に絵コンテを収録していただいたためです。製作陣の皆様、本当にありがとうございますっ!
→結局やりました。俺得かな。(2014.7.14)

ただし、気になるセリフの抜粋はします♪まあ、何年先になるかは分かりませんが…。

それでは!!!


シンフォギアG大勝利!希望の未来(三期)へレッツ・ゴーッ!!(注意:2013.11.18現在、三期の公表はありません。)→(2013.12.14シンフォギアライブ2013にて公式発表ッ!)



シンフォギアG名言集!熱き想い天を貫け!!


EPISODE1ガングニールの少女
(全セリフ集)
マリア:「わたしの歌を全部!世界中にくれてあげるッ!!振り返らない全力疾走だ!着いて来れる奴だけ着いて来い!」


EPISODE2 胸に力と偽りと
(全セリフ集)
斯波田事務次官:「へっ、しゃらくせぇな。アイドル大統領とでも呼びゃぁいいのかい?」



EPISODE3 終焉を望む者、終焉に臨む者
(全セリフ集)
担任教師:「秋ですものね。立花さんにだって、きっと色々思うところがあるんでしょう。例えば、私の授業よりも大事な――!」


EPISODE4 あたしの帰る場所
(全セリフ集)
弦十郎:「通じないなら通じ合うまでぶつけてみろ!言葉より強いもの…知らぬお前たちではあるまいッ!」

EPISODE5 血飛沫の小夜曲
(全セリフ集)
セレナ:「ギアを纏う力はわたしが望んだモノじゃないけど、この力でみんなを守りたいと望んだのはわたしなんだから…。」

EPISODE6 奇跡‐それは残酷な軌跡
→(全セリフ集
板場:「あんたってば、ハーレムアニメの主人公並みに鈍感よね…。」

EPISODE7 君でいられなくなるキミに
(全セリフ集)
ウェル博士:「そう、youたち歌っちゃえよ!適合係数がてっぺんに届くほど、ギアからのバックファイアを軽減できることは過去の臨床データが実証済み!だったらLiNKERブッこんだばかりの今なら絶唱歌い放題のやりたい放題ぃ!!」


EPISODE8 繋ぐ手と手…戸惑う私のため
→(全セリフ集
翼:「涙など剱には無用…。なのに、なぜ溢れて止まらぬ…。今の私は…仲間を守る剱に能わずということか…!」

EPISODE9 英雄故事
→(全セリフ集
クリス:「ノイズ…!あたしがソロモンの杖で起動させてしまったばかりに…!なんだ……悪いのはいつもあたしのせいじゃねぇか……。あたしは……!(もう逃げない!!!)」

EPISODE10 喪失までのカウントダウン
→(全セリフ集
未来:「わたしは響に戦って欲しくない…。だから、響が闘わなくていい世界を造るの。」

EPISODE11 ディスティニーアーク
→(未定)
ナスターシャ:「最後に残された希望…それにはあなたの歌が必要です。」

EPISODE12 撃槍
→(未定)
調&切歌:「大好きだっていってるでしょぉぉぉぉ!」

EPISODE13 遥か彼方、星が音楽となった…かの日
→(未定)
響:「でもね。胸のガングニールが無くなったけれど…奏さんから託された歌は絶対に無くしたりしないよ。それに、それは私だけじゃない。きっとそれは…誰の胸にもある歌なんだ」

戦姫絶唱しないシンフォギア 全セリフ集
会話…プレ

戦姫絶唱しないシンフォギア(シンフォギアG第五巻収録)
弦十郎:「(…仏具店からここまでの帰り道、七回も職質された甲斐があったのかもしれないなぁ…)」


.戦姫絶唱しないシンフォギアG(シンフォギアG第六巻収録)
緒川:「常々思っていましたが、翼さんのキャラってバラエティ向きなんですよ。この機会に、プロモーションの方向性も一考してみてもいいかもしれませんね。」
関連記事