ZBrushucoreを買った。

 年末に思わぬ出費があるのは常…。昨年末は声優イベントとかあってだいぶ使ってしまったのである(笑)。ホントは年末に欲しかったんだけど、そういうわけで買うのが二ヶ月後ろ押しになってしまったZBrushucoreをようやく手にいてました。149$(3/1レート)で日本円にするとおよそ17000円くらいでしたね。ちなみに、日本ではオークさんが販売していますが、自分はPxilogic online storeで直接買いました。(英語のDLサイトで買い物をするというドキドキ感が結構面白かったです。クレカさえあれば日本の住所でも大丈夫でした。)


 さて、そんなZbrushucoreのDLからインストールまでのお話をちょっと…。ZBrushcoreのインストール方法はおそらくZbrushと同じだと思うんですが、これが結構やっかいなモノなんですよ。

 容量自体は特に問題ありません。インストーラーファイルはそれこそ250MBしかありません。ただ、いわゆる認証が物凄く厳重なんですね。手順としてはWacomさんのHPにもありますがざっくりまとめると


①シリアルコードの入力(ペンタブの人は付属してる。オンラインの人はメールで送られてくる)
②ライセンスファイルの生成
③認証


 という感じになります。

 ①はまぁ問題ないでしょう。ペンタブ付属版の人はpxilogicに個人情報を入力する必要があるみたいですね。問題は②以降。ライセンスファイルとはなんぞや…って普通はなりますよ。これはEメールアドレスとシリアルナンバーによって生成される認証ファイルのことで、DLすると拡張子が『.zlic』のファイルが出来ます。これをZBrushcoreのインストール時に要求されるというのが③にあたります。

 どうやら認証で詰む(失敗する)人は②③のここで間違っている場合がほとんどらしいですね。注意しなければならないのは『個人情報とりわけEメールアドレスを間違えて登録しないこと』『.zlicファイルが保存されているファイルのネームが英語以外(日本語×)』という点です(というか、点”でした”。)自分は後者をやってしまっていて30分ほど詰みました(笑)。よく観れば書いてあるので注意しましょうッ!


 …ところで、ZBrushを知ったきっかけなんですが、まぁ(美少女)フィギュア関係ですね。
繝医y繝・ヨ邨オ46 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ
「なければ作るかー」

 …なんていう軽い気持ちで創ったスクラッチフィギュアはもう3年も前の話。パテをコネコネ、レプリカント買ったりリューター買ったりとガンプラの延長線上で作ってましたねぇ。
fc2_2015-08-22_07-15-35-526.png
「アタシのことだろ?」

 色々あって調ちゃんのフィギュアは完全放置を決め込んでますが…まぁそんな安っぽいモデラー精神のもとやっていたら3Dプリンターブームですよ。某模型誌とかでもトピックに上がるようになったから--

fc2_2015-08-22_07-15-53-092.png
「デジタルもいいんじゃねー」

 なぁんて考えたのが甘々だったのはいうまでもありません。普通にムリでした。


 まずイラストが描けないッ!

 …もうこの時点でおかしいですが(笑)、これは今でも勉強中です。まぁ、それでもちっとは上達はしたのかなぁ…。

パソコンがないッ!
 これは給料でなんとかできました。でも問題は…

 手ごろなソフトがないッ!

 3Dのソフトって大体(?)両極端で、無料かプロ用のどちらかになりますよね。一応無料でメジャーなソフトは試しました。sclptrisとかBlenderとか。でも、これらのソフトってなかなか難しいんです。つべが教科書のボクとしてはあれだけ見ても造れませんでした。もちろん中間層(?)みたいなソフトも世にはあって、ここらあたりだと六角大王とかメタセコイアとかが有名でしょうか。しかし、こちらはあまり教科書材料がなくて覚えられるかが不安でした。ちなみにいわゆるプロ用、クリエイター職が使うソフトが普通に6ケタのお金がかかりますね。

 そんなわけで、PCだけ造って満足…いや挫折したというのがこの2年半だったわけです。

 だけど、その間にもちょくちょく3Dモデリングの情報はたまーにネットサーフィンとかして探してました。この期間にやったことはそれでも意外とあり、某紳士ゲー(カス子)を買ってモデルを眺m…いやいや!こっから3Dモデルの勉強したり、MMD/PMXとかで遊んだり、フリーのCADで形作ってエクスポートしてみたり…とかはしましたヨ。…んなこといってもPCでFPSやるだけになったのは半ば事実だ。

fc2_2015-08-22_07-15-21-624.png
「ダメじゃないかぁぁーー!」

 さて、そんなある日、ZBrushcoreなるものが発売するという情報を入手。お値段もお手ごろで機能的にも初心者には十分備わっているというスーパー仕様でした。…というか!ペンタブ込みで2万とかマジでいいんですかワコムさん?使ってるpth-651より安いですよ?というか、ソフトプラス5000円でペンタブが買えると思うべきなのか、ソフトが5000円で買えると思うべきなのか悩みますな。

 話を戻して、購入に至るまでは上の理由以外で少し時間を置いた。実際どこまで出来るのかというのがレビューにない限りは流石に手を出せなかったというのが理由です。でも、それは杞憂でした。つべとか掲示板見る限りでは個人的には十分すぎるものでしたね。

 買ってまだ二週間、弄った時間はまだ10時間程度ですがこんな感じに簡単につくれました。まだ髪とか複雑な形状は作れないので、楽そうなクリーチャーとしてシンフォギアGのネフィリム(幼生)を形作ってみた。
zburshcore.png
ZSphereで大間かな形を作ったときの形(これがすごく便利)

ネフィリム2
細部をなんとなく造った

ネフィリム3
塗装(WA2意識したら目が痛い)

 いやぁ、すごいですねぇ。素人でもここまで簡単に出来るんですもの。まぁ、ようやく3Dソフトを弄れるようになったんですからね…気軽にやりたいと思います。来年あたりには何か3Dプリンターで出力してみたいですね(代行だろうけど)。やっぱり目標は美少女フィギュアかな(笑)。それと、いつか造形物としてモンスター娘のいる日常のキャラとかを作ってみたいです。

201508020928097b9.jpg
「私じゃないの…!?」

 そうですよ!調ちゃんはそもそもデジタルで作りたいー…なんて思ってたワケです。だけど、体ならまだしも、シンフォギアのギアはCADで造ったほうが明らかに楽そうなんですよ。他ソフトとのレンダリングも兼ねる必要があるのでやっぱり実験になっちゃうのかなぁ。
201507120026055b0.jpg
「…………。」

 まぁ、たぶん調ちゃんの髪の毛は練習としてうってつけだと思うから絶対つくるでしょう。(実は髪を必要としない人型キャラとしてスライムのスーを頑張って作っているという)

それでは。

[ 2017/03/18 01:18 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://a191817.blog.fc2.com/tb.php/615-94771217