EPISODE9防人の歌(全セリフ集)

翼(鼻歌)「ふ~ふふ ふ~ふふふんふふん♪ふふふ ふ~ふふふ~ふふ ふふふん♪(『逆光のフリューゲル』)」

翼(鼻歌)「ふふふ――」
奏で(鼻歌)「――ふ~ふふふふ♪」

翼「…ッ、奏っ!?」

奏「ご機嫌ですなぁ。」

翼「ぁ、今日は非番だから、バイクで少し遠出に…。」

奏「特別に免許もらったばかりだもんな。それにしても、任務以外で翼が歌を歌っているなんて初めてだ。」

翼「ぅ…ぁ…、奏…。」

奏「そういうの、なんかいいよな。」
翼「ぁ…!」

奏「また鼻歌聞かせてくれよなぁ~。」

翼「ぁ…奏っ!鼻歌は、誰かに聞かせるもんじゃないからっ…!」

奏「分かってるって。じゃ、行ってきな。」

翼「ぅん…。」


翼「………。」

医師「お疲れさま。チェック終了です。ダメージは完全に回復です。」

翼「…っ。ふふ…。ただいま、奏…。」



(OP)

EPISODE9防人の歌



未来「うわぁぁ~!学校の真下にこんなシェルターや地下基地が…。」

響「ああ!翼さぁ~ん!!」
未来「ぁ…。」

翼「立花か。そちらは確か、協力者の…。」

未来「こんにちは。小日向未来です。」

響「えっへん!私の一番の親友です!」

翼「立花はこういう性格ゆえ、いろいろ面倒を掛けると思うが、支えてやって欲しい。」

未来「いえ、響は残念な子ですので、ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。」

響「うぇ?なに?どういうこと?」

緒川「響さんを介して、お二人が意気投合しているということですよ。」

響「ぅぅ、はぐらかされた気がする…!」

未来「うふふふふ。」
翼「ふふふ…。」

緒川「(変わったのか、それとも変えられたのか。)」

響「でも、未来と一緒にここにいるのはなんかこそばゆいですよ。」

翼「小日向を外部協力者として二課に移植登録させたのは、指令が手を回してくれた結果だ。それでも、不都合を強いるかもしれないが…。」

未来「説明は聞きました。自分でも理解しているつもりです。不都合だなんてそんな。」

響「ああ、そういえば師匠は…?」

翼「ああ。私たちも探しているのだが。」


【外出中:風鳴弦十郎 □TATSUYAに緊急返却】


了子「あ~ら!いいわねぇ♪」

響「あ。」
未来「ぅぁ?」
緒川「ん。」

了子「ガールズトーク☆」

緒川「どこから突っ込むべきか迷いますが、とりあえず僕を無視しないでください…。」

響「了子さんもそういうの興味あるんですか?!」

了子「もちのろん!私の恋話百物語を聞いたら…夜眠れなくなるわよぉ…!」

未来「まるで怪談みたいですね…。」

響「りょぉーーこさんの恋話!!?きっと、おっとりメロメロお洒落で大人な銀座の恋の物語ぃぃ!!」

翼「ぅぅ……。」

了子「そうねぇ…、遠い昔の話になるわねぇ…。こう見えて呆れちゃうくらい一途なんだからぁ♡」

響「おお~~!」
未来「おおお~!」

翼「意外でした。桜井女史は恋というより、研究一筋であると。」

了子「命短し、恋せよ乙女、というじゃない。それに女の子が恋するパワーって凄いんだからぁ!」

緒川「女の子ですか…。」

「ぐはッ!!」

了子「私が聖遺物の研究を始めたのも、そもそも…ぁ……。」

響「うんうん!それで!?」
未来「うんうん!それで!?」

了子「ぁぁ…。まぁ…私も忙しいから、ここで油を売ってないわ☆」

緒川「自分から割り込んできた癖に…。」

「ぐわぁっ!!」

藤尭「緒川さんっ!?」

了子「とにもかくにも、出来る女の条件は、どれだけいい恋してるかに尽きるのよぉ。ガールズ達も、いつかどこかでいい恋、なさいね。」
(藤尭「緒川さん、大丈夫ですか!?しっかりしてください、緒川さ~ん…緒川さ~ん……?死んじゃダメですよ…?!」)

了子「んじゃ、ばぁ~い☆」

未来「聞きそびれちゃったねぇ。」

響「う~ん、ガードは固いか…!」

「でもいつか、了子さんのロマンスを聞き出してみせるっ!」


了子「(らしくないこと、言っちゃったかもね…。変わったのか…それとも…変えられたのか……。)」


弦十郎「………。」


緒川「指令…まだ戻ってきませんね。」

翼「ええ。メディカルチェックの結果を報告しなければならないのに…。」

緒川「次のスケジュールが迫ってきましたね。」

響「もうお仕事入れてるんですか…!?」

翼「少しづつよ。今はまだ、慣らし運転のつもり。」

響「じゃあ、以前のような過密スケジュールじゃないんですよね?!」

翼「…?」

響「だったら翼さんっ!デートしましょう!!」

翼「っ!デート?!」


(ここからはカットされた未公開部分です。台本を自分なりに表現してみました♪公式設定画集p.184より)

未来「響ッ!?」

響「今のうちに快気祝いです!週刊誌的にふたりきりがマズければ未来も一緒、これで大丈――」
未来「――大丈夫じゃないわよ!ほら、翼さんも忙しいんだから困ってるじゃない!」

緒川「そうですね…。近々に捻じ込むには、今週末になりますかね……あ、お天気いいみたいですよ?」

翼「緒川さんまで!」

緒川「たまには羽を伸ばすのも、プロフェッショナルの務めですよ。」

響「じゃあ、今週末は翼さんと…。」

緒川「ええ、お願いします。」

響「やったー!!わたしたちのカンケイは、事務所公認!」

翼「おかしなことを言わないでちょうだいっ!」


クリス「………っ。」

「ぅぅ……。」

(ドアの開く音)

「ッ!?」

「………。」

弦十郎「…ほらよ。」
クリス「ッ!なっ……?」

弦十郎「応援は連れてきていない。俺一人だ…。」

クリス「っ…!」

弦十郎「君の保護を命じられたのは、もう俺一人になってしまったからな…。」

クリス「……どうしてここが…?!」

弦十郎「元公安の御用牙でね…。慣れた仕事さ。」

「フッ…差し入れだ。」

クリス「ああ…!!」

「ぁ…クッ!」

弦十郎「ふ…。あん……何も盛っちゃいないさ。」

クリス「ぁぁ!クッ…!」

弦十郎「バイオリン奏者…雪音雅律と、その妻、声楽家のソネット・M・ユキネが、難民救済のNGO活動中に戦火に巻き込まれて死亡したのが8年前。残った一人娘も行方不明となった。」
クリス「もぐもぐ…。」

弦十郎「その後、国連軍のバル・ベルデ介入によって事態は急転する。現地の組織に囚われていた娘は、発見され保護…ゴクリ。日本に移送されることとなった。」

クリス「ふん…。よく調べているじゃねーか。ゴク…。そういう詮索反吐が出る…!」

弦十郎「当時の俺達は、適合者を探すために、音楽界のサラブレットに注目していてね。天涯孤独となった少女の身元引受先として…手を挙げたのさ。」

クリス「フッ…こっちでも女衒かよ…。ゴク…。」

弦十郎「ところが、少女は帰国直後に消息不明。俺達も慌てたよ。二課からも相当数の捜査員が駆り出されたが、この件に関わった者の多くが死亡…あるいは、行方不明という最悪の結末で幕を引くことになった。」

クリス「っ!何がしたい、おっさん?!」

弦十郎「俺がやりたいのは…君を救い出す事だ…!」

クリス「ッ…!!」

弦十郎「引き受けた仕事をやり遂げるのは…大人の務めだからな。」

クリス「フッ…大人の務めと来たか…!余計なこと以外は…いつも何もしてくれない大人が偉そうに…!!」

弦十郎「ぁぁ…!」


クリス「Killter Ichaival tron…」
(歌:魔弓・イチイバル)


弦十郎「あ…!」

クリス「………。」

弦十郎「ぅ……。」


クリス「(あたしは…なにを……ッ。)」


翼「あの子たちは…何をやっているのよ!」

響「はぁ…はぁ…はぁ…すみません翼さん…!」
未来「はぁ…はぁ…はぁ…。」

翼「遅いわよ!」

未来「申し訳ありません…!御察しの事とは思いますが、響のいつもの寝坊が原因でして……あっ!?」
響「はぁ…はぁ…はぁ…ふぅぁぁ…ぅわっ!」

翼「時間がもったいないわ。急ぎましょ。」

未来「うぁ~…。」
響「すっごい楽しみにしてた人みたいだ…。」

翼「誰かが遅刻した分を取り戻したいだけだっ!!」

響「うひっ!」
未来「うう!」

響「うっへっへ…翼イヤーはなんとやら…。」


(デート中)


響「翼さん御所望のぬいぐるみは…この立花響が必ずや手に入れてみせますっ!」

翼「期待はしているが、たかが遊戯に少し注ぎ込み過ぎではないか?」

響「キェェェェェイィ!!!」

未来「変な声出さないで!」

響「ぅぇぇ…!このUFOキャッチャー壊れてるぅぅーー!!!」

「私呪われてるかも!どうせ壊れているならこれ以上壊しても問題ないですよね!!シンフォギアを身に纏ってぇぇ!」

翼「ああ、コラ!平和的に解決しろっ!」

響「この怒りに身を任せればアームドギアだってぇぇ!!」

未来「大声で喚かないで!そんなに大声を出したいのなら、いいところに連れてってあげるから!」


響「うわぁぁぁぁぁあ!!すごいっ!!私達ってばすごいっ!!トップアーティストと一緒にカラオケ来るなんてぇ!!」


(『恋の桶狭間』)


響「ん?」
未来「うん?」

響「ぅお?」
未来「お?」

翼「一度こういうの…やってみたいのよね。」

未来「渋い…。」


翼(歌)「唇に なんてことするの~ 罪の味 教えたの あなた悪い人~」


響「わぁぁぁ~♪かっこいい~!」
未来「あぁぁ…♪」


翼(歌)「でもそうね もしも裏切れば 切り刻みます 恨みの刃で~♪」


翼「はぁ…はぁ…はぁ…。」
響「翼さぁ~ん!!」

翼「二人とも…どうしてそんなに元気なんだ…?!」

響「翼さんがへばり過ぎなんですよぉ~。」

未来「今日は慣れないことばかりだったから。」

翼「ハァ…。防人であるこの身は、常に戦場にあったからな。」

「………。」

翼「本当に今日は…知らない世界ばかりを見てきた気分だ。」

響「ぅ、そんなことありません。」

翼「ぁ…あ…、おい!立花、何を!?」

「ぁぁ…!」

響「あそこが待ち合わせした公園です。皆で一緒に遊んだところも、遊んでないところも全部、翼さんの知ってる世界ですっ。昨日に翼さんが戦ってくれたから…今日に皆が暮らせている世界です。だから…知らないなんて言わないでください。」

翼「ぁ……。」

「……っ。」


奏(回想)「戦いの裏側とか、その向こう側には、また違ったものがあるんじゃないかな。あたしはそう考えてきたし、そいつを見てきた。」


翼「…そうか。これが奏の見てきた世界なんだな。」

「ふふ…。」


響「ふぇ?!復帰ステージ!?」

翼「アーティストフェスが十日後に開催されるのだが、そこに急遽捻じ込んでもらったんだ。」

未来「なるほどぉ。」

翼「倒れて中止になったライブの代わりというわけだな。」

響「あっ…!」

(POPSTAR MUSIC FESTIVAL:以前ZWEI-WINGのライブ会場だった場所が会場)

響「翼さん…ここって…。」

翼「立花にとっても…辛い思い出のある会場だな…。」

響「ありがとうございます、翼さん…!」

未来「響…。」

響「いくら辛くても、過去は絶対に乗り越えて行けます…!そうですよね!翼さん!」

翼「……っ。」

「………。」

「…そうありたいと、私も思っている…!」


(final tour shinho→コンテナのプレートより。会場の名前?)

緒川「リハーサル、いい感じでしたね。」

緒川「ぁ!」
翼「ぁ…。」

緒川「トニー=グレイザー氏…?」

「メトロミュージックのプロデューサーです。以前、翼さんの海外進出展開を持ちかけてきた。」

グレイザー「なかなか首を縦に振ってくれないので、直接交渉させて頂きに来ましたよ。」

緒川「ミスターグレイザー。その件については正式に…翼さん?!」

翼「……もう少し、時間を頂けませんか。」

グレイザー「つまり、考えが変わりつつあると?」

翼「………。」

グレイザー「そうですね…今の君が出す答えであるならば、是非聞かせて頂きたい。」

「今夜のライブ、楽しみにしていますよ。」

翼「っ……。」


響「はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!」

「せっかくチケット貰ったのにぃ!…はぁ!開演に遅れそう…!!」

(着信)

「ぁ…!」

「ハッ!」

「……!」


(このカットは使い回しなのか、後ろに居ないはずの翼が映ってる?)
響(通信)「はい、響です!」

弦十郎「ノイズの出現パターンを検知した。翼にもこれから連絡を――。」

響(通信)「師匠!」
弦十郎「--どうした?」

響(通信)「現場には、私一人でお願いします…!」


響「今日の翼さんは、自分の戦いに臨んで欲しいんです…!」

「あの会場で最後まで歌い切って欲しいんです…!」


弦十郎「ぁぁ…!」

響(通信)「お願いします…!」

弦十郎「……ん。」


弦十郎(通信)「……やれるのか?」


響「はいッ!!!」



(歌:FLIGHT FEATHERS)



響「っ!」


翼「……。」


クリス「ぬぅぅ!…ッ!」

「クッ…!」

「うっ…ぐあッ!!」


翼(歌)「Deja-vuみたいな感覚 制裁みたいなプラトニック かさね合うメモリー 届いてWishing」


クリス「ぅ…ッ!」

響「たァァ!!」

クリス「……!!」

響「ハッ…!」

「ぁ……ッ!!」

「ぁ…。」

クリス「貸し借りはナシだッ!」

響「ふふ…。」


翼(歌)「お願いMy star… どうか今… 旅立つツバサの」


響「ハッ!ハッ!ハァッ!」


翼(歌)「風をAh 奏でて」


翼(歌)「さぁ Starting!始まるシンフォニー 伝説は此処からと この光のLiveは シンクロニシティ」



グレイザー「……。」


翼(歌)「たぶんそれだけの 物語なんだ信じて My road」


響「…クッ!」

「たァァァァァァーーー!!!」


翼(歌)「さぁ Starting!始まるシンフォニー 伝説は此処からと」


響「ぅ…ぅぅッ!ぅぅぅぅ…ァァッ!」


翼(歌)「さぁ Amezing 奇跡起こそう」

翼(歌)「たぶんそれだけの」


響「…ッ!」


翼(歌)「物語なんだ」


響「ヤァァァァァーーッ!!!」


(ライブ会場の大歓声)


響「はぁ…はぁ…はぁ!」

「ふふ…。」


翼「ありがとう、みんな!」

「今日は思い切り歌を歌って、気持ち良かったッ!!」


グレイザー「……。」


翼「……。」

「こんな想いは久しぶり…。忘れていた。でも思い出したッ!私は、こんなにも歌が好きだったんだッ!聴いてくれるみんなの前で歌うのが大好きなんだッ!」

「もう知ってるかもしれないけど…海の向こうで歌ってみないかって、オファーが来ている。自分が何の為に歌うのか、ずっと迷ってたんだけど、今の私はもっと沢山の人に歌を聴いてもらいたいと思ってる。言葉は通じなくても、歌で伝えられることがあるならば、世界中の人たちに私の歌を聴いてもらいたい…!」

(会場の歓声)

未来「ぁぁ!」


翼「私の歌も、誰かの助けになると信じて…、みんなに向けて歌い続けてきた…。だけどこれからは、みんなの中に自分も加えて歌っていきたい…!だって私は…こんなにも歌が好きなのだから…!!」

「たった一つのわがままだから…聞いてほしい…。赦して欲しい…。」

奏(心)「許すさ。あたりまえだろ?」

翼「ぁっ…ぁ…!?」

「ぁぁ…!ぅぅ……。」

「ありがとう…!」


緒川「ミスターグレイザー!」

グレイザー「ん?君か。」

「少し早いが、今夜は引きあげさせてもらうよ。これから忙しくなりそうだからね。」

緒川「あ…。」

「風鳴翼の夢を、よろしくお願い致します…!!」

グレイザー「ふっはははははは。」


クリス「ッ…!クッ…!」

「あいつは敵だぞ…!なのにどうして助けちまった…!?」

「チクショウ…!フィーネ……。チクショウ…!」


(つづく)



トピック:リディアン、リディアンの生徒など。

 学校風景がそれほど出てこないシンフォギア。とはいうものの、リディアン(一期→旧とする)はシンフォギア装者の選抜やデータ収集ならびに地下には二課本部もあるという重要な場所。そういうことで、今回はリディアンについて見ていくこととしよう。

1:旧リディアンはどこにあるのか?
 シンフォギアの舞台は近未来の東京とされている。しかし、いわゆる聖地巡りが出来るようなご当地アニメみたいな感じではなさそうです(まあ、主は東京民じゃないからホントはあるかもしれないよ)。というのも、wikiにあるように背景は外人さんが担当されたそうで、日本人にはないものを出したかったんだとか。立地についてはまた後日考察する予定です。
 さて、そんな旧リディアンなのですが、アニメや公式設定画集172pなどを観る限り小高い丘、若しくは山の上に建てられています。突然ですが、立地についての仮説を一つw。『シンフォギアの東京は埋め立てなどの開発が大幅に進んでいる!』というのはどうでしょうか。ところどころ海が見えているのに近場に山がある、なんて風景よくありますよね。また、海にず~~と続く橋があったりと。そんな立地、地図を見る限りないじゃないか!!…それで思い立ったのがこの案です(先に思いついている人も何人も居るでしょうが)。つまり、その開発の一環として二課本部とリディアンが建設されたんじゃないかという事です。よって、あの丘(山?)は人工に作られた物、というのが私の仮説になります。そもそも、地下1kmにも渡る建造物を造るとなれば相当な工事になるはず。ジャブローとかネルフ本部みたいな空洞じゃない限りそれだけ掘ったら土だって相当出るんじゃないでしょうか?それの行方を考えたら埋めたてに使ったって話があってもいいのではないかな(建築に関して全く分かりませんが)。とにもかくにも、リディアンの場所は人工に作られた場所にある、ということで一旦終わります(詳しい場所は11話とかそのあたりに。)

2:私立リディアン音楽院高等科とは…?
 私立リディアン音楽院とは小中高一貫教育の名門音楽学校で、それぞれ独立した校舎で学ぶ学校。勉学では翼がいるタレントコースが特設されていたり、響が言及していたように学費が安いなどという特色がある(公式設定画集190p)。
 ところで、リディアンの生徒は何人いるのでしょうか。第一話の入学式(?)ではコンサートホールと思われる場所一杯に埋まっているリディアン生徒がいます。数えてみると…

一階正面に392人、その両脇に110人。合計612人。
二階の左右出ている部分にそれぞれ69人、その後ろには80人の塊が4つ。合計458人。
そして三階もあるがどれくらいいるかは確認できない。形が二階と同じなら458人だね。

つまり、全校生徒は1528人ほどになる!!でも後ろ2/3は恐らく保護者だろうから(?)1200人くらいか。そうすると一学年400人かな。しかし、それでも相当なマンモス校だ!対する一クラスあたりの配分は25人(響のクラス)。ちょうど一学年10クラスくらいになる。「そんな敷地本当にあるのかぁ~?」と旧リディアンの設定画(p169)を観ると案外いけそうだった。クラス部屋を見ると片方に窓がある。ということは、【○|通路|○】みたいに両方に部屋があるのだろう。設定画集がある人は見てもらえれば分かると思うんだが、4つの校舎(?)には8クラスくらい入りそうですね。それにしてもデカすぎるw。私立学校といえども半分は公的な金で成り立っている。流石にこれだけ充実していると税金の無駄遣いにも思えてくる…いや、出資者が相当な金持ちなんだろうw。
ちなみに、リディアンの理事長の名前は有間ち(判別不能)穂(ありまちかほ)という。詳しくは一話の全セリフ集にて。

3:旧リディアンと新リディアン。響のクラスで一期以降辞めた(転校?)人。
 ムーンアタック以降旧リディアンの行いが明るみに出た、もしくはムーンアタックにて命を落としたかの理由によって一期と二期ではクラスメイトの数が違う。公式設定画集とデザインアーカイヴを比較すると、一期では30人いるのに対し二期では22人。ちなみに居ないのは3・6・8・13・15・20・22・25番(一期)の娘。最終回あたりをまだ確認してないから安否は不明だが、居ない事は確か…?(二期でも確認してないからわからんw)。ちなみに、俺は16番の娘が好みだったりするw。

4: 旧リディアンの寮
 最後に旧リディアンの寮について。そういえば、一時期作画がおかしいとか話題にもなりましたね。まあ、そんなことは置いといて、この寮…部屋がめちゃくちゃ豪勢なんだ!響と未来がいつも居るリビングだけで10畳ほど。部屋全体は25畳はあるんじゃないかっ!?なんつぅ豪勢さ!俺の部屋は5.9畳だぞw。リディアンはきっと相当金には腹黒い学校なんですね(笑)。
 そんな旧リディアンの寮ですが、入る人は遠方から来ている人がメインなんだとか(公式設定画集より)。ということは、響たちは上京してきているのでしょうかね。それと、意外に旧リディアンまでの距離がありです。学校が遠目の丘といった感じに映っているので、4~5km以上はありそうです。ちなみに、新リディアンへの移行に伴って寮も移転されたんだとか(戦姫絶唱しないシンフォギアより)。
 …ところで未来は「(部屋の)鍵、開けておくからね」ということを言っていましたが、それよりも門限の方は大丈夫だったんでしょうか(笑)

以上、私立リディアン音楽院高等科についての考察でした。


感想。

 二月中に間に合ったw。えー、実はですね、10話のアバンが9話のCパートだと勘違いして英語に苦戦してましたw。いや、それを込めても二月中旬には終わってたんです。何をやってたかっていうと、卒論試験とフィギュアやガンプラなんかの最終作業でした!そんなフィギュアですが…10カ月経ちようやく雪音クリスの原型が出来ました!!!後は塗装だけです。これについては後日うpしますね~(まだ微調整が終わってませんがw)。下に画像貼りますね。
また、ガンプラですが、今HGUCフェネクスの塗装をしています。ほぼメタリックで塗っているのでトンデモナク時間掛って死にそうです(乾燥入れても60時間はやってる…)。でも出来はいいですよ、たぶん(twitterなどで上げてます)。最後に卒論ですが、無事に終わりました。3月中に私の考えをブログにて掲載します。
そいじゃあ、日付が変わらないうちに終わります。それでは。
 …あ、9話の感想入れてない。いくつか疑問に思った事を書きますね♪
①緒川「僕を忘れないでください」。藤尭「(お、俺は…!?緒川さんっ!!)」
②翼のカワイイセンス(変わったぬいぐるみだなぁ)
③川原での民衆のシーンがあったが、あれは何?
④TSUTAYAならぬTATSUYAでレンタルしてた弦十郎さん。…まさか、クリスとジャッキーをニコニコしながら見るつもりだったのか?ww
⑤響…補習でもあって遅刻したんだよな?
です。


20140227_004049.jpg
(持ち手を改修中)
20140227_011040.jpg
(もう少し砲身短い方がいいね)
sinfgia.jpg
(おまけ。シンフォギアクエスト的なドット絵)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://a191817.blog.fc2.com/tb.php/535-33af7ed6