EPISODE7撃ちてし止まらぬ運命のもとに(全セリフ集)

未来「ぁ…ぁ……。響……。」



(OP)
(EPISODE7 撃ちてし止まらぬ運命のもとに)


(曲名:私ト云ウ 音響キ ソノ先ニ)

響(歌)「何故どうして?広い世界の中で」


クリス「ッ…!」

「(なんて無理筋な力の使い方をしやがる!この力、あの女の絶唱に匹敵しかねない…!)」

「が…ぁッ!!」

「(食い破られるまでに方を付けなければ…!)」

「…っ!?」


響(歌)「きっと忘れない」


クリス「お前…バカにしてんのかっ!?あたしを…雪音クリスを!!」

響「そっか、クリスちゃんって言うんだ。」

クリス「ぅッ…?」

響「ねぇクリスちゃん、こんな戦い…もうやめようよ。ノイズと違って、私たちは言葉を交わす事が出来る。ちゃんと話をすれば、きっと分かり合えるはず…!だって私達…同じ人間だよ!」

クリス「お前、臭ぇんだよ…!」

「嘘臭ぇ…!」

「青臭ぇ!!」

クリス「ぇぇい!」
響「わっ!」

響「ぐわっ!」

「てっ……ッ!」

クリス「っぁ!」

響「…ッ!」

クリス「ふッ…!」

響「ぁ…ぁ!」

クリス「…ッ!」

響「ぅ…ぅぅ…。」

クリス「クッ…!」

響「クリスちゃん……。」

クリス「吹っ飛べよ!アーマーパージだっ!!」


クリス「Killter Ichaival tron…」


響「この歌って…?」

クリス「見せてやる!イチイバルの力だ…!」
(歌:魔弓・イチイバル)



弦十郎「イチイバルだと!?」

藤尭「アウフヴァッヘン波形、検知!」

友里「過去のデータとの照合完了。コード『Ichii-Bal』です!」

弦十郎「失われた第二号聖遺物までもが、渡っていたというのか…!」


響「クッ…!ぁ…!」

「クリス…ちゃん……?私達と同じ…!」

クリス「歌わせたな…!」

響「えっ…?!」

クリス「あたしに歌を歌わせたな!」

「教えてやる!あたしは歌が大っ嫌いだっ!!」

響「歌が嫌い……?」


クリス(歌)「傷ごとエグれば忘れられるってコトだろ?」


響「わっ!ああ!!」


クリス(歌)「イイ子ちゃんな正義なんて剥がしてやろうか?」

響「う…!わわ!」


(技名:BILLION MAIDEN)
クリス(歌)「HaHa!さあ It’s show time」

響「うわわ!」


クリス(歌)「火山のよう殺伐Rain さあお前等の全部全部全部全部全部」
(技名:MEGA DETH PARTY)

響「ぁあ…!」


クリス(歌)「否定してやる そう…否定してやる」


クリス「ハァ…!ハァ…!ハァ…!ハァ…!ハァ…!ハァ…!ハァ…!」

「……ッ?!盾……!?」

翼「剱だ」

クリス「ッ…!?」

(歌:『絶刀・天羽々斬』)

 
クリス「ふん…死に体でお寝んねと聞いていたが、足手まといを庇いに現れたか?」

翼「もう何も、失うものかと決めたのだ。」


友里「風鳴指令…。」

弦十郎「翼――」


弦十郎(通信)「――無理はするな。」

翼「…はい。」

響「翼さん…。」

翼「気づいたか、立花。だが私も十全ではない。」

「力を貸してほしい…。」

響「ぁ…。はい!」

クリス「うぉぉらぁぁ!」


翼(歌)「慟哭に吠え立つ修羅 いっそ徒然と雫を拭って」
クリス「ッ…!」

翼(歌)「思い出も誇りも 一振りの雷鳴へと」
クリス「クッ…ぁ…。なッ…?!」
クリス「(この女、以前とは動きがまるで…?!)」

響「翼さん!その子は…!」

翼「分かっている。」

クリス「…ッ!」

翼「去りなさい!無想に猛る炎 神楽の風に滅私散崋せよ 嗚呼絆に すべてを賭した閃光の剣よ」
翼「(刃を交える敵じゃないと信じたい。それに、10年前に失われた第二号聖遺物のことも糺さなければ…!)」

クリス「ッたぁぁぁ!」

「クッ…ァッ…何……?!」

響「ハッ…!」

翼「立花!!」

響「ああ…ッ!」

クリス「お前何やってんだよっ!?」

響「ごめん、クリスちゃんに当たりそうだったから…つい……。」

クリス「あ…馬鹿にしてッ!!余計なお節介だッ!」

フィーネ「命じた事も出来ないなんて、貴方はどこまで私を失望させるのかしら。」
翼「クッ!」

クリス「フィーネ!」

翼「(フィーネ…?終わりの名を持つ者…?)」

響「ぅ…ぅ……。」

クリス「クッ!こんな奴が居なくたって戦争の火種くらいあたし一人で消してやる!そうすれば、あんたの言うように、人は呪いから解放されてバラバラになった世界は一つに戻るんだろう?!」

フィーネ「はぁ…。もうあなたに用はないわ。」

クリス「…ッ?!」

「な…なんだよ!それ!?」

翼「ぁぁ…!?」

翼「…ッ!フッ!」

クリス「待てよ…フィーネェェェ!!」

翼「クッ!」

クリス「ゥゥ…!」

翼「ぁぁ…ッ!」


友里「反応ロスト。これ以上の追跡は不可能です。」

藤尭「こっちはビンゴです…!」

弦十郎「あの少女だったのか…。」

藤尭「雪音クリス、現在16歳。二年前に行方知れずとなった、過去に選抜されたギア装着候補の一人です。」

弦十郎「…ぅむ。」


翼「(奏が何のために戦ってきたのか、今なら少し分かるような気がする。だけど、それを理解するのは正直怖い。人の身ならざる私に、受け入れられるのだろうか…?)」

「自分で人間に戻ればいい。それだけの話じゃないか。いつも言ってるだろう、『あんまりガチガチだとポッキリだ』って…。なんてまた、意地悪を言われそうだ…。」

「(だが今更、戻ったところで何が出来ると言うのだ。いや…、何をしていいのかすら分からないではないか…。)」

奏(幻影)「好きなことすればいいんじゃねーの?簡単だろ?」

翼「ぁッ…?」

翼「(好きなこと…。もうずっとそんな事を考えていない気がする。遠い昔、私にも夢中になったものがあったはずなのだが…。)」


了子「外傷は多かったけど、深刻なものがなくて助かったわ。」

響「つまり、すっかり平気って事ですよね。」

了子「常軌を逸したエネルギー消費による、いわゆる過労ね。少し休めば、またいつも道理に回復するわよ。」

響「じゃあ、わた…し……。」
了子「ああ。もぅ、だから休息が必要なの。」

響「私、呪われてるかも…。」

了子「ふぅ、気になるの…?お友達のこと。」

響「ぅ…、はい……。」

了子「心配しないで大丈夫よ。緒川くんたちから事情の説明を受けているはずだから。」

響「そう…ですか……。」

了子「機密保護の説明を受けたら、すぐ解放されるわよ。」

響「…はい。わかりました……。」


藤尭「まさか、イチイバルまで敵の手に…。そして、ギア装着候補者であった雪音クリス。」

友里「聖遺物を力に変えて戦う技術において、われわれの優位性は完全に失われてしまいましたね。」

藤尭「敵の正体、フィーネの目的は…。」

了子「深刻になるのは分かるけど、シンフォギアの装者は二人とも健在。頭を抱えるにはまだ早すぎるわよ。」

弦十郎「翼!全く、無茶しやがって。」

翼「独断については謝ります。ですが、仲間の危機に臥せっているなどできませんでした!」
響「ぁ…!」

翼「立花は未熟な戦士です。半人前ではありますが、戦士に相違ないと、確信しています…!」

響「翼さん…!」

翼「完璧には遠いが、立花の援護くらいなら戦場に立てるかもな。」

響「…ッ!私、頑張りますっ!」

翼「……。」

弦十郎「響くんのメディカルチェックの気になるところは…。」

響「ごはんをいっぱい食べて、グッスリ眠れば元気回復です!」

「(一番あったかいところで眠れば…。未来……!)」

了子「うん♪」

響「ぬわぁぁぁん!なぁぁっんてことをっ!!?」
弦十郎「ぬお…?!」

了子「響ちゃんの心臓にあるガングニールの破片が、前より体組織と融合しているみたいなの。驚異的なエネルギーと回復力はその性かもね。」

響「融合…ですか?」

翼「あっ…?」

了子「大丈夫よ。あなたは可能性なんだから。」

響「ああ、良かったぁ~。」

翼「……。」


響「ねぇ…未来…。なんていうか、つまり…その……。」

未来「…おかえり。」

響「あ…うん、ただいま…。あの…入ってもいい、かな…?」

未来「どうぞ。あなたの部屋でもあるんだから。」

響「うん…。あ、あのね…。」

未来「なに?大体の事なら、あの人たちに聞いたわ。今更聞くことなんてないと思うけど…!」

響「未来…。」

未来「嘘つき…!隠しごとはしないって言ったくせにッ!」

響「……!!」


クリス「……。」

「…なんでだよ。フィーネ…」


響(回想)「ちゃんと話をすればきっと分かり合えるはず…!だって私達、同じ人間だよ!」


クリス「…チッ!あいつ…クソッ!」

「(あたしの目的は、戦いの意志と力を持つ人間を叩き潰し、戦争の火種を無くすことなんだ…!だけど……。)」

迷子の妹「…うえぇぇん!うえぇぇぇん…!。」
迷子の兄「泣くなよ!泣いたってどうしようもないんだぞ!」

迷子の妹「だってぇ!だってぇぇ!」

クリス「おいコラ!弱い者をいじめるな。」

迷子の兄「いじめてなんかいないよ。妹が…。」
迷子の妹「うぇ…うぇぇっ。ぁぁああ!」

クリス「……ぅぅ!」

「いじめるなって言ってんだろうがっ!」

迷子の兄「うわぁ!?」

迷子の妹「お兄ちゃんをいじめるな!」

クリス「ぁ……、ぅ…。お前が兄ちゃんからいじめられてたんだろ…?」

迷子の妹「違う!」

クリス「ぁん?」

迷子の兄「父ちゃんが居なくなったんだ。一緒に探してたんだけど、妹がもう歩けないって言ったから、それで…。」

クリス「はっ…、迷子かよ。だったら鼻っからそう言えよな。」

迷子の妹「だってぇ…だぁってぇぇ!」

クリス「おい!コラ、泣くなって!」

迷子の兄「妹を泣かしたな!」

クリス「あぁあ~!もう面度臭ぇぇ!一緒に探してやるからおとなしくしやがれっ!」
(駅、繁華街:新橋…?)


クリス(鼻歌)「ふんふふふふふふ ふふふふん ふふふ ふふふふふん…♪」『繋いだ手だけが紡ぐもの』)

迷子の妹「あああ…?」

クリス(鼻歌)「ふふふふん ふふふふん ふふふふん ふふふ ふふふふふ…♪」
クリス「あ…?な、なんだよ?」

迷子の妹「お姉ちゃん、歌好きなの?」

クリス「歌なんて…大嫌いだ…。特に、壊す事しか出来ない私の歌はな…。」

迷子の父親「…ああ!」

迷子の兄「父ちゃん!」

迷子の妹「ああ!!」

迷子の父親「お前達、どこに行ってたんだ?」

迷子の妹「お姉ちゃんが一緒に迷子になってくれた!」

迷子の兄「違うだろ。一緒に父ちゃんを探してくれたんだ。」

迷子の父親「すみません。ご迷惑をおかけしました。」

クリス「いや、成り行きだから…そんな……。」

迷子の父親「ほら、お姉ちゃんにお礼は言ったのか?」

迷子の兄「ありがとう」
迷子の妹「ありがとう」

クリス「仲いいんだな。」

クリス「…そうだ。」
迷子の妹「うん?」

クリス「そんな風に仲良くするには、どうすればいいのか教えてくれよ。」

迷子の妹「ぅえ?」
迷子の兄「ん?」

迷子の妹「んふふ。」
迷子の兄「そんなの分かんないよ。いつも喧嘩しちゃうし。」
迷子の妹「喧嘩しちゃうけど、仲直りするから仲良し!」

クリス「ぁ…。」


響「………。」

未来「………。」

響「……!未来、聞いて欲しいんだ…!私――」

未来「どうせまた嘘つくんでしょ…!」

響「ぁ……。」

「ごめん………。」

未来「………。」

響「………。」

未来「……ッ…!」

響「……………。」


了子「(装着した適合者の身体機能を引き上げると同時に、体表面をバリアコーティングすることで、ノイズの浸食を阻止する防護機能…。さらには、別世界にまたがったノイズの在り方を、インパクトによる固有振動にて調律…。強制的にこちら側の世界の物理法則下に固着させ、位相差障壁を無効化する力こそ、シンフォギアの特性である。同時に、それが人の扱えるシンフォギアの限界でもあった。)」

「(シンフォギアから解放されるエネルギーの負荷は、容赦なく奏者を蝕み、傷つけていく。その最たるものが『絶唱』。人とシンフォギアを構成する聖遺物とに隔たりがある限り、負荷の軽減はおよそ見込めるものではないと、私の理論でも結論付けている…。)」

「(唯一、理を覆す可能性があるならば、それは立花響…人と聖遺物との融合体第一号。…天羽奏と風鳴翼のライブ形式を模した起動実験で、オーディエンスから引き出され、さらに引き上げられたゲインより、ネフシュタンの起動は一様の成功を収めたのだが…立花響はそれに相当する完全聖遺物、デュランダルをただ一人の力で起動させることに成功する。人と聖遺物が一つになることで、更なるパラダイムシフトが引き起こされようとしているのは、疑うべくもないだろう…。)」

「(人がその身に不可なく絶唱を口にし、聖遺物に秘められた力を自在に使いこなすことが出来るのであるならば、それは遥けき過去に施されしカストディアンからの呪縛から解き放たれた証し…!)」

「(真なる言の葉で語り合い、ルル・アメルが自らの手で築く時代の到来…。過去からの超越…!)」


担任教師「……このように音楽が辿ってきた軌跡もまた、立派な歴史と言えるのです。」

未来「……。」
響「………。」

担任教師「また、私たちはこれを音楽史と称し、研究対象として扱ってきました…」
未来「………。」
響「ぅぅ……。」

担任教師「立花さん!!」

響「は、はいっ!」

担任教師「教科書の続きを読んでご覧なさい…!」

響「…すみません。ぼんやりしてました……。」

担任教師「最近酷くなってませんか…?!遅れているレポートも、今日の放課後までには提出するように…!いいですね?!」

響「はい…。すみません……。」

未来「……。」


未来「………。」

響「ぁ……ここ、いいかな…?」

未来「………。」

響「………。」

「あのね、未来…。私……。」

寺島「なんだか、いつもと雰囲気が違うのですが?」

板場「どういうこと。よくわからないから、アニメで例えてよ。」

安藤「これはきっとビッキーが悪いに違いない。ごめんね~未来。この子バカだから許してあげてね。」

寺島「そういえば、ノートのこと先生が仰っていましたが…。」

板場「提出してないのあんた一人だってねぇ~。大した量じゃないのに、何やってんだか。」

響「……。(苦笑い)」

安藤「ビッキーってば、内緒でバイトとかしてるんじゃない?」
未来「ぁ…!」

板場「ええっ!?響がバイトぉ?!」

寺島「それってナイスな校則違反では?!」

未来「………!」

「……ッ!!」

響「未来!!」

「…っ!!」

安藤「……。」
板場「……。」
寺島「……。」


響「はっ…!はっ…!はっ…!はっ…!」
「(私が悪いんだ…!)」

「未来…!はぁ…!はぁ…!」

未来「………。」

響「ごめんなさい。」

未来「どうして響が謝ったりするの…。」

響「未来が私に対して隠し事しないって言ってくれたのに、私は…未来にずっと隠し事をしてた……。私は――」

未来「言わないで…!」

響「ぁ……?!」

未来「……。」

「これ以上、……ぅっ…私は響の友達でいられない…………。ゴメンッ……。」

「…ぅッ………。」

響「……。」

「どうして…こんな……。嫌だ…嫌だよぉ……ぅぅ…!!」


(ED)


フィーネ「I know this side place style from ask, but it has saying work is too sloppy.(確かにこちらからの依頼ではあるけれど、仕事が杜撰すぎると言っているの。)」
(英語信用しないでくださいw。バラルの呪詛は強いんです。)

「Leg in trap, if you are trace. On the start it is your intention….( 足がつけばこちらの身動きが取れなくなるわ。まさか。それもあなたたちの思惑というのなら……)」

米国諜報部員(電話)「Only God can control everything.You know that well ,don’t? (神ならざるものがすべてに干渉するなど不可能。お前自身が一番わかっているのではないか。)」

(ドアが開く)

クリス「あたしが用済みってなんだよ!?もういらないってことかよ!?あんたもあたしをモノのように扱うのかよッ?!」
米国諜報部員(電話)「(well? …Hello? Hello? I don’t know.You has to…)」
フィーネ「………。」

「はぁ……。」

クリス「頭んなかグチャグチャだ!何が正しくて何が間違っているか分かんねぇんだよっ!!」
米国諜報部員(電話)「――You understand?)」

フィーネ「どうして誰も…私の思い通りに動いてくれないのかしら。」

クリス「ぁ……ッ!?」

「…ッ……。」

フィーネ「さすがに潮時かしら。」

クリス「ッ?!」

フィーネ「そうね。あなたのやり方じゃ、争いを無くすことなんて出来やしないわ。せいぜい一つ潰して、新たな火種を二つ三つばら撒くことくらいかしら。」

クリス「あんたが言ったんじゃないか!?痛みもギアも、あんたがあたしにくれたものだけが…――」
フィーネ「私が与えたシンフォギアを纏いながらも、毛ほどの役にも立たないなんて…!…そろそろ幕を引きましょっか。」

クリス「なッ!?」

フィーネ「私も、この鎧も不滅…。未来は無限に続いていくのよ。」

「カ・ディンギルは完成しているも同然…。もうあなたの力に固執する理由はないわね。」

クリス「カ・ディンギル…?そいつは…?」

フィーネ「あなたは知りすぎてしまったわ。ふふ……。」

クリス「ハッ?!」

「クッ……!」

「……ッ!」

フィーネ「……フハハハハハ。」

クリス「チキショウ……!ぅぅ……チキショォォウ!!」


(つづく)


トピック:クリスの軌跡


 シンフォギア一期の時系列というものは、4月(響の入学式)から7月の始め(?)までであり、実のところ短い間の出来事だったと言える。とりわけクリスが出てからの時間は約一カ月ほどなのではないだろうか(響と翼のすれ違いはひと月)。…ということで、雪音クリスに焦点を当ててどういう行動を取っていたのかを纏めてみた。

7年以上前:雪音夫妻、NGO活動団体に所属していた?

7年前:雪音家、バル・ベルデ共和国のボランティア活動開始。その後、両親は死亡。ならびに、クリスは捕まる。

3年前:国連軍の武力介入により雪音クリスの生存が確認される。

2年前:クリス、日本に帰還。用意された宿舎への移動後に失踪。(ツヴァイウィングのライブ当日の新聞紙面。発生時は前日かそれ以前。)

(二年間、フィーネと共に過ごす?)


5月以降(?)

:クリス、地下鉄のノイズの対処をしていた響たちと接触。

クリス、デュランダル移送時の妨害

(翌日?):リディアン周辺にて響を襲撃。しかし、フィーネと共に撤退。
【経過日数1日

(同日夜?):新橋(似ている?)っぽい駅周辺で迷子の兄弟を助ける。
【経過日数1日

(翌日早朝?):フィーネ宅に帰還。その後、ノイズに追われる。
【経過日数2日

(同日?):『ふらわー』にて未来に保護される。
【経過日数2日

(翌日以降):廃アパートにて弦十郎と接触。(ゴミの量から察するに2,3日後か。)
【経過日数5日程度?

(翌日以降?):翼、10日後にロックフェスにて参加を響達に伝える。

(10日後):クリス、港にてノイズと戦闘
【経過日数15日程度


6月以降

(更に10日以上後?):クリス、フィーネ宅に行き弦十郎と接触。(響の入学時より二カ月弱というセリフから)
【経過日数25日程?

(同日?)クリス、スカイタワーにて響と翼と合流

(同日夜?)カ・ディンギルにてフィーネと決戦

(翌日)XDにて街のノイズを殲滅。
【経過日数26日

(同日)月の落下を阻止するべくXDにて宇宙へ。


7月以降?

(三週間後):未来を助けて一期終了
【経過日数47日

10月中旬(?)からシンフォギアGの時系列。

 …と、こんな具合になっていました。ところで、「雪音さんの家出時にはどっから資金調達してるんだろう?」と疑問に思った訳だが、それは案外簡単だったかもしれない。そもそも、クリスはフィーネ宅に居候しているわけだから、そこから響を襲う場合リディアンまで移動する必要がある。クリスは車やバイクで移動しているわけがないから(ヒッチハイクもないだろうw)、潜入するという意味でも公共交通機関を使ってるはずだ。つまりフィーネから…

 「これで電車に乗ってリディアンにいる立花響を連れてきなさい。」

…とでも言われて電車賃と昼食代くらいは貰ってたんだろう。フィーネ宅は山奥だったから片道1000円はもらえてるだろう。

…でも、クリスのことだ。恐らく駅地図と睨めっこしながら

「(リディアンまでどう行くんだよ!?ああ!もうわかんねぇ!!)」

…って思いながら髪を掻き毟っているシーンを想像してしまう俺であった。



感想

 シンフォギアライブ2013までに7話を終わらせたく頑張った結果、素晴らしい早さで終わらせたw。週末が楽しみですねぇ。しかし、今回の物販で各キャラクターの絵柄が入ったボクサーパンツが発売されるそうです。欲しくな…いや欲しいけど、皆可哀そうすぎるだろww。当日の雰囲気で買うか買わないかは決めますw。ライブの感想は後ほど?
 ところで、了子さんの「遥けき過去に施された…」の遥けき過去のみゆきちさんの発音が分かりずらかった。和歌を詠んだこととかあんまりないんで分からないけど、「ハルゲキカゴってなんじゃい!?」と必死に探してたw。まあ、カストディアンとの関係上、ハルケキ+過去が妥当と思ってググったら「遥けき」にたどり着いたわけです。
 さて、8話は恐らく来年でしょうな。それでは。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://a191817.blog.fc2.com/tb.php/531-19b1b5bc