シンフォギアG-EPISODE6『奇跡-それは残酷な軌跡』-名言

シンフォギアG-EPISODE6『奇跡-それは残酷な軌跡』-のなかで個人的に名言だと思ったセリフを抜粋。なお、声優さんの演技に合わせてセリフを文章化してみました。ちなみに()はセリフの感想です。



立花響

「頑張ってリハビリをして…元気になればきっとお母さんもお祖母ちゃんも喜んでくれると思っていたのに…。」
(この時期で既に父親が出てこないということは相当な仕打ちをされたのか、それとも…。)

「私のやってることって、調ちゃんが言うように偽善なのかな?私が頑張っても誰かを傷つけて悲しませることしかできないのかな…。」
(迷う姿の方が人間らしくて好きだけどね…。おいちゃんのこういう演技が好きですが…最近はヤンデレキャラもいいかな~なんて思う今日この頃。)

「いやぁ~面目ない。ご心配、お掛けしました~。」
(これぞホントの空元気。しかしクリスは気付かない模様…。後に響は板場からハーレム主人公並みと称されているが、クリスは更に斜め上を行くようだ!ホンネかどうかは分からないけどね。)

「ナント立花響、休んだりとかボンヤリしたりは得意中の得意です!任せてくださ~い!」
(このあと授業中には担任教師に怒られたのでしょうか…?)

「あ、ああ~。旨さ断然トップだからねぇ…おばちゃんのお好み焼きは。」
(断然トップってことは、やはりお好み焼きの食べ歩きを…?!寺島さん!←下の板場の会話を参照。)

「この拳も、命も…シンフォギアだッ!!!」
(キングオブハートの紋章が浮かび上がってゴッドフィンガー!っていうOPに見えた放映当時。)

関連記事