シンフォギアG-EPISODE13『遥か彼方、星が音楽となった…かの日』-名言

シンフォギアG-EPISODE13『遥か彼方、星が音楽となった…かの日』-のなかで個人的に名言だと思ったセリフを抜粋。なお、声優さんの演技に合わせてセリフを文章化してみました。ちなみに()はセリフの感想です。



立花響

「マリアさんのガングニールが、私の歌に応えてくれたんです。」
(魔法を失ったどこぞの魔女の宅急便みたいな回復劇ですね。おや、どこかで似た声が…?)

「調ちゃんにも頼まれてるんだ。マリアさんを助けてって。だから、心配しないで。」
(その純粋無垢さがどれだけマリアさんを惨めにさせたかと思うと…。純粋な悪役で終わってたら次回作で敵になる感じも。)

「待ってて。ちょーっと行ってくるから。」
(今回はお早いお帰りで。)

「もう遅れは取りません、だから…!」
(二期の最大の成長は自分を大切にして戦えるようになったこと…ですかな。)

「やったねクリスちゃん!きっと取り戻して帰って来ると信じてた!」
(わざとらしいケドそのへんが響のいいところ。)

「セットハーモニクス!S2CAフォニックゲインを力に変えてぇぇぇ!!!」
(悠木「会場の皆さん元気ですかーー!??!すっごいここまでフォニックゲイン届いています!それではまだまだ行きたいと思います!セットハーモニクス!S2CAトライバースト!フォニックゲインを力に変えてぇぇぇ!!!」…とライブではおいちゃんがセリフを発してました。なるほど、あのシーンは三人想定だったんですね。やはりまたお風呂で練習してるのでしょうか。)

「6人じゃない…私が束ねるこの歌は…70億の絶唱ぉぉぉ!!」
(三期は太陽系すべてを巻き込む作品、そして次々回作では銀河系すべてを巻き込むだろう。)

「響き合うみんなの歌声がくれた…シンフォギアでぇぇぇぇ!!!」
(シンフォギアXDの切歌のコスチュームは絵コンテの表紙だとクリスのいう白騎士のようなイメージに見える。調ちゃんは羽の位置からナナジンみたいな気も。)

「それじゃあ、マリアさんの命は私達が守ってみせますね!」
(翼:「それじゃあ私は立花を。」どうぞどうぞ!…というドリフターズのノリがもしあったら。)

「英雄でないわたしに世界なんて守れやしない。でも、私達…私達は…一人じゃないんだ…!」
(Vitalization-Aufwachen Formはマムのセリフと合わさってのラスト感があって好きです。)

「最速で最短で真っ直ぐに!一直線に!!」
(Vitalization)

「私の親友だよ…。」
(超絶身体能力者未来。)

「平気…へっちゃらです!だってこの世界には歌があるんですよ!」
(このスクリューボールが、とは流石に言いませんでしたね。)

「何々?クリスちゃんってば翼さんの事先輩って呼んでるの?」
(安藤さんとキリちゃんが出会ったら凄い言葉が生まれそうですね。)

「でもね。胸のガングニールが無くなったけれど…奏さんから託された歌は絶対に無くしたりしないよ。それに、それは私だけじゃない。きっとそれは…誰の胸にもある歌なんだ--。」
(心臓の鼓動、つまり生きると言う音であると解釈しましたが。)

シンフォギアG-EPISODE12『撃槍』-名言

シンフォギアG-EPISODE12『撃槍』-のなかで個人的に名言だと思ったセリフを抜粋。なお、声優さんの演技に合わせてセリフを文章化してみました。ちなみに()はセリフの感想です。



立花響

「誰かが頑張っている…私も負けられないッ!進むこと以外、答えなんてあるわけがないッ!!」
(撃槍・ガングニールの歌詞ですね。)

「違う!私は立花響、16歳!融合症例なんかじゃない!ただの立花響がマリアさんとお話をしたくてここに来ている!」
(少なくともシンフォギア歴10月以降のお話です。9月13日は過ぎて16歳になった響。)

「意味なんて後から探せばいいじゃないですか…。だから生きるのを諦めないで!」
(生きてりゃなんとかなる、あまり好きではないが赦そう。)

「Balwisyall Nescell gungnir troooooooooooooonッ!」
(聖詠はいつか生で聴きたいですね。…ところで某どやらじでは、相方の出演しているアニメ(しかもあまりキャラを知らない)を演じてみるみたいな企画を考案中ってらしいけど、そうしたら幻の立花響CV早見沙織が聴けるのかね?…と凄く期待していたり。普通に考えれば歌いながら戦うってびっくりしますよね。)

「撃槍ガングニールだぁぁぁぁぁ!」
(ここで撃槍・ガングニールが流れるとばかり思ってた。)

シンフォギアG-EPISODE11『ディスティニーアーク』-名言

シンフォギアG-EPISODE11『ディスティニーアーク』-のなかで個人的に名言だと思ったセリフを抜粋。なお、声優さんの演技に合わせてセリフを文章化してみました。ちなみに()はセリフの感想です。



立花響

「私が未来を助けたんじゃない…未来が私を助けてくれたんだよ!」
(あの後、誰が二人を回収したのでしょうか。やっぱり緒川さん?)

「私が本当に困ってる時、やっぱり未来は助けてくれた。…ありがとう!」
(ここでの未来ちゃんの顔かわいいですよね。一番好きかも。)

「私、自分のやってることが正しいだなんて思ってないよ。」
(こういう二面性をもつキャラの演技上手いですよね悠木さん。)

「それでも私は自分の気持ちに偽りたくない…。偽ってしまったなら誰とも手を繋げなくなる。」
(この前に「以前、大きな怪我をした時…家族が喜んでくれると思ってリハビリを頑張ったんだけどね…私が家に帰ってからお母さんもお祖母ちゃんもずっと暗い顔ばかりしていた。」と続く。)

「だから調ちゃんにも…やりたい事をやり遂げて欲しい。もしもそれが私達と同じ目的なら、少しだけ力を貸してほしいんだ。」
(このセリフの前に「私の正しいと思うことがみんなを幸せにしてるなんて思ってない。」とある。このように気持ちに裏がないからこそ響らしい手を繋ぐ力があるのだろう。)

「戦いじゃありません。人助けです!」
(本来の行動理由。)

「胸の歌がある限りぃぃーーー!!」
(結構距離あるんですけど…的な疲れ方してましたね。)

シンフォギアG-EPISODE10『喪失までのカウントダウン』

シンフォギアG-EPISODE10『喪失までのカウントダウン』-のなかで個人的に名言だと思ったセリフを抜粋。なお、声優さんの演技に合わせてセリフを文章化してみました。ちなみに()はセリフの感想です。



立花響

「だけど未来、こんなやり方で作った世界はあったかいのかな?私が一番好きな世界は、未来が側に居てくれるあったかい陽だまりなんだ…。」
(未来が間違っていることは事実ですが、案外これもエゴのような気もしますね。)

「たとえ未来と戦ってでも…そんな事させない!」
(いわゆる熱い展開。)

「ありがとう…だけど私、戦うよッ!」
(10話で流れる『Rainbow Flower』もライブと同じくらい好きです。。)

「じゃあ、死んでも生きて帰ってきます!」
(お、おう…。次のセリフはさておき、司令と友里さんと藤尭さんの苦笑する顔が目に浮かびますね。)

「思い付きを数字で語れるものかよ!」
(弦十郎さんの「勝算はあるのか?」に続くセリフ。今度は司令が「チッ!」…とはなりませんでしたが。しかし、現役引退を決意させかねないセリフでロートルとしては嬉しくも寂しい感じになりそうですね。)

「死ぬ…。私が…死ぬ!死ねるかぁぁぁ!」
(未来と響の戦闘も好きです。特にファンネルみたいなのが。)

「だれが未来の体を好き勝手にしてるんだ!!」
(杉田かッ!?って続きそうですが。)

「イヤだ!離さない!もう二度と離さない!!」
(未来:「離して!」というセリフに続く。)

「そいつが聖遺物を消し去るって言うんなら!こんなの脱いじゃえ…未来ぅぅぅぅーー!!」
(響にしては頭が回る作戦?…ところで、「言うんなら!」がロランの「人が作ったものなら!」みたいで富野節っぽいですね。金子節にもこういう言い回し多いのでしょうか?)

シンフォギアG-EPISODE9『英雄故事』-名言

シンフォギアG-EPISODE9『英雄故事』-のなかで個人的に名言だと思ったセリフを抜粋。なお、声優さんの演技に合わせてセリフを文章化してみました。ちなみに()はセリフの感想です。



立花響

「絶対に離しちゃいけなかったんだ…未来と繋いだこの手だけは……。」
(恐らく放熱の問題からやらなかったんでしょうが、未来を抱えて降りれば良かったのでは…?と思ってもしまうが。)

「……でも、わたしにとって一番あったかいものはもう…ぅぅぅ。」
(もし脚本が別人だったら…!)

「そうだ…。鬱向いてちゃダメだ…。私が未来を助けるんだ。」
(生卵を飲むのってすげぇまずいんだよな…。TKGは温かいから美味いんだよ。)