モン娘オンラインのイラスト


 モン娘オンライン想い出動画Part.Extraのために描いたイラストなど。


モイラ2
 モイラちゃんの羽は地味だけどハーピーの中じゃ一番ケアしてあげたいですね。

フィー
 しーたむの声がしっくりきますね。いつかがんばってモン娘に登場したハーピーを2.5頭身で描きたいです。

キュリー
 キューリじゃなくてキュリー。…しかし、あの手で一体どうやって義手をはめていたんだろか…?


 モン娘オンラインの動画投稿はこの動画を持って出現しないかもしれませんね…。自分にも残念ながらもうこれ以上素材がありません。もし次に続編が出るとしたらsteamあたりで出してくれると海外の人にもwinwinな作品になるんじゃないですかね。でも、そうするとレーティングが問題か…。なんでもあっちじゃいわゆるZ指定らしいですからね。うむ、難しい。
[ 2017/06/25 01:17 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

ZBrushucoreを買った。

 年末に思わぬ出費があるのは常…。昨年末は声優イベントとかあってだいぶ使ってしまったのである(笑)。ホントは年末に欲しかったんだけど、そういうわけで買うのが二ヶ月後ろ押しになってしまったZBrushucoreをようやく手にいてました。149$(3/1レート)で日本円にするとおよそ17000円くらいでしたね。ちなみに、日本ではオークさんが販売していますが、自分はPxilogic online storeで直接買いました。(英語のDLサイトで買い物をするというドキドキ感が結構面白かったです。クレカさえあれば日本の住所でも大丈夫でした。)


 さて、そんなZbrushucoreのDLからインストールまでのお話をちょっと…。ZBrushcoreのインストール方法はおそらくZbrushと同じだと思うんですが、これが結構やっかいなモノなんですよ。

 容量自体は特に問題ありません。インストーラーファイルはそれこそ250MBしかありません。ただ、いわゆる認証が物凄く厳重なんですね。手順としてはWacomさんのHPにもありますがざっくりまとめると


①シリアルコードの入力(ペンタブの人は付属してる。オンラインの人はメールで送られてくる)
②ライセンスファイルの生成
③認証


 という感じになります。

 ①はまぁ問題ないでしょう。ペンタブ付属版の人はpxilogicに個人情報を入力する必要があるみたいですね。問題は②以降。ライセンスファイルとはなんぞや…って普通はなりますよ。これはEメールアドレスとシリアルナンバーによって生成される認証ファイルのことで、DLすると拡張子が『.zlic』のファイルが出来ます。これをZBrushcoreのインストール時に要求されるというのが③にあたります。

 どうやら認証で詰む(失敗する)人は②③のここで間違っている場合がほとんどらしいですね。注意しなければならないのは『個人情報とりわけEメールアドレスを間違えて登録しないこと』『.zlicファイルが保存されているファイルのネームが英語以外(日本語×)』という点です(というか、点”でした”。)自分は後者をやってしまっていて30分ほど詰みました(笑)。よく観れば書いてあるので注意しましょうッ!


 …ところで、ZBrushを知ったきっかけなんですが、まぁ(美少女)フィギュア関係ですね。
繝医y繝・ヨ邨オ46 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ
「なければ作るかー」

 …なんていう軽い気持ちで創ったスクラッチフィギュアはもう3年も前の話。パテをコネコネ、レプリカント買ったりリューター買ったりとガンプラの延長線上で作ってましたねぇ。
fc2_2015-08-22_07-15-35-526.png
「アタシのことだろ?」

 色々あって調ちゃんのフィギュアは完全放置を決め込んでますが…まぁそんな安っぽいモデラー精神のもとやっていたら3Dプリンターブームですよ。某模型誌とかでもトピックに上がるようになったから--

fc2_2015-08-22_07-15-53-092.png
「デジタルもいいんじゃねー」

 なぁんて考えたのが甘々だったのはいうまでもありません。普通にムリでした。


 まずイラストが描けないッ!

 …もうこの時点でおかしいですが(笑)、これは今でも勉強中です。まぁ、それでもちっとは上達はしたのかなぁ…。

パソコンがないッ!
 これは給料でなんとかできました。でも問題は…

 手ごろなソフトがないッ!

 3Dのソフトって大体(?)両極端で、無料かプロ用のどちらかになりますよね。一応無料でメジャーなソフトは試しました。sclptrisとかBlenderとか。でも、これらのソフトってなかなか難しいんです。つべが教科書のボクとしてはあれだけ見ても造れませんでした。もちろん中間層(?)みたいなソフトも世にはあって、ここらあたりだと六角大王とかメタセコイアとかが有名でしょうか。しかし、こちらはあまり教科書材料がなくて覚えられるかが不安でした。ちなみにいわゆるプロ用、クリエイター職が使うソフトが普通に6ケタのお金がかかりますね。

 そんなわけで、PCだけ造って満足…いや挫折したというのがこの2年半だったわけです。

 だけど、その間にもちょくちょく3Dモデリングの情報はたまーにネットサーフィンとかして探してました。この期間にやったことはそれでも意外とあり、某紳士ゲー(カス子)を買ってモデルを眺m…いやいや!こっから3Dモデルの勉強したり、MMD/PMXとかで遊んだり、フリーのCADで形作ってエクスポートしてみたり…とかはしましたヨ。…んなこといってもPCでFPSやるだけになったのは半ば事実だ。

fc2_2015-08-22_07-15-21-624.png
「ダメじゃないかぁぁーー!」

 さて、そんなある日、ZBrushcoreなるものが発売するという情報を入手。お値段もお手ごろで機能的にも初心者には十分備わっているというスーパー仕様でした。…というか!ペンタブ込みで2万とかマジでいいんですかワコムさん?使ってるpth-651より安いですよ?というか、ソフトプラス5000円でペンタブが買えると思うべきなのか、ソフトが5000円で買えると思うべきなのか悩みますな。

 話を戻して、購入に至るまでは上の理由以外で少し時間を置いた。実際どこまで出来るのかというのがレビューにない限りは流石に手を出せなかったというのが理由です。でも、それは杞憂でした。つべとか掲示板見る限りでは個人的には十分すぎるものでしたね。

 買ってまだ二週間、弄った時間はまだ10時間程度ですがこんな感じに簡単につくれました。まだ髪とか複雑な形状は作れないので、楽そうなクリーチャーとしてシンフォギアGのネフィリム(幼生)を形作ってみた。
zburshcore.png
ZSphereで大間かな形を作ったときの形(これがすごく便利)

ネフィリム2
細部をなんとなく造った

ネフィリム3
塗装(WA2意識したら目が痛い)

 いやぁ、すごいですねぇ。素人でもここまで簡単に出来るんですもの。まぁ、ようやく3Dソフトを弄れるようになったんですからね…気軽にやりたいと思います。来年あたりには何か3Dプリンターで出力してみたいですね(代行だろうけど)。やっぱり目標は美少女フィギュアかな(笑)。それと、いつか造形物としてモンスター娘のいる日常のキャラとかを作ってみたいです。

201508020928097b9.jpg
「私じゃないの…!?」

 そうですよ!調ちゃんはそもそもデジタルで作りたいー…なんて思ってたワケです。だけど、体ならまだしも、シンフォギアのギアはCADで造ったほうが明らかに楽そうなんですよ。他ソフトとのレンダリングも兼ねる必要があるのでやっぱり実験になっちゃうのかなぁ。
201507120026055b0.jpg
「…………。」

 まぁ、たぶん調ちゃんの髪の毛は練習としてうってつけだと思うから絶対つくるでしょう。(実は髪を必要としない人型キャラとしてスライムのスーを頑張って作っているという)

それでは。

[ 2017/03/18 01:18 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

モン娘オンラインに費やしたこの一ヶ月。

 前回更新のちょうどその日(10/14)は、モンスター娘のいる日常オンラインのサービス終了が告知された日でもありました。

f_000088[11]
 
 さて、モン娘オンラインがどんなゲームだったかというと、ラミアだったりハーピーだったりと、いわゆる人ではないモンスター娘と呼ばれる存在と日々を過ごす(世帯主のところにホームステイしてくれる)ゲームでした。原作漫画は当然「モンスター娘のいる日常」。

 「は…?何よそれ?」…っていう反応が聞こえそうですが、そういうゲームです。まぁ簡単に言えば、某艦娘のゲームみたいなモンですよ。

monmusu20.png
①こんな感じにモン娘を出迎えて…。
monmusu19.png
②ステイしたモン娘をデッキにして戦い…
monmusu18.png
③ケアクリームでお世話し…
ハル
④コレクションする、と。

 一見するとどっかしらZ指定っぽい気もしますが…もちろん全年齢で健全でしたよ(たぶん笑)。むろんながら正直人を選ぶゲームではありましたが、モン娘は好きな作品だったし、何より自分がブラウザゲームを始めるきっかけになった作品でもあったので結構思い入れがありました。毎日ログインしてリフレッシュ気力200%のモン娘デッキで期間イベントを周回する…これは個人的に嫌いな作業ゲーだけど、案外それが日課にもなっていたようですね。

 ゲームに登場するモン娘は創作系の伝説やら伝承というものが元ネタになっていて、世帯主(私)はそれほど詳しくはありませんが、wikiに詳細に書いてくれる同志がいたこともあり、そういうのを掘り下げて知るきっかけにもなったんじゃないかなぁ。ジャッカロープとかイースターバニーとか知りませんでしたし。ってか、ビマ…おまえすごいなw(詳しくはモン娘オンラインwiki参照)。

 …そんなこんなで、去るサービス終了の11/22、12:00のタイムライン上は自分を含めたモン日の世帯主の皆さんは葬式ムードでしたね。アクティブユーザー数は少ないと思いますが、名残惜しい声は随所で見たような気もします。でも、実は12時ジャストに終了したのではなく、若干の猶予がありました。消えたのは12:01ごろ。突然のシャットダウンはおそらくすべての世帯主が嘆いたことでしょうな。それでも最後に時報をいれてくれたのは運営さんの思いやりでしょう、ありがとうございます。最後の時間は上記のモン娘、ハーピー族猛禽種のハルとともに過ごしていました…。

~~思い出とか。

monmusu21.png
 モン娘オンラインのサービス終了は自分はてっきりランたんの新手のイタズラかと…(笑)
monmusu13.png
 SRランたん。Gジェネ的に言えばクレア・ヒースロー的な立ち位置にも思える。
monmusu11.png
 …おや、そういえばこんな娘もいたな。(というGジェネ発売の雰囲気から)
Nエルダー
 幻の(?)Nエルダー
monmusu2.png
 超超級のクリアがすごく大変だった。


 モン娘オンラインでは、最終的なモン娘の数は180体いましたがその中で自分が集められたキャラは164体…コンプしたかったなぁ。せめて絵違い以外のオリジナルキャラは欲しかったゾ。エナとシャイアさえあれば…!ってね。またいつかモンスター娘のいる日常オンラインが復活するといいですね。そんな淡い期待を抱きながら過ごしたこの一ヶ月でした。

 ちなみに公式さんによると、ステイしてきたモン娘たちは無事故郷へと帰られたとのこと。ハーピーの生息地があれば是非教えていただたい。…え?ダメ?

 最後にハロウィンのときに描いた絵を一枚。
ran完成
 「勝利のポーズ、キメ!」ランたんよ、永遠なれ。

 年末あたりに思い出動画でもupしたいと思っています。


ps

 ここ最近やりたいゲーム(続編とかビックネームなど)が久々に豊作でゲーム三昧な日々を過ごしてます。9月の二人の白皇から始まり、BF1・Gジェネジェネシス、Watch Dogs2、これからスパロボ・GTスポーツ?など目白押しですね。そういうわけで、母艦PCのグラボを変えてみました。
gtx.jpg
k2000→GTX1060

 「1060は正直買いですよ、奥さん!」…じゃないけど、これがあれば大体のPCゲームがハイスペック設定で遊べますよ。しかも、値段が3万くらい。人によっては高い気もするでしょうが、gtx1060の性能はgtx980に大体匹敵する性能を持ち合わせています。gtx980自体が2年ほど前のものなので当たり前といえばそうかな。とはいえ、980の値段が10万クラスだということを考えれば破格の値段です。4k画質とか複数モニター表示、ライブ配信なんかを考えてなければ十分すぎる性能なのダ。あ、ちなみにあれはvRAM6GBモデルです。一昔前のGTA5でも容量はそうそう使い切れませんね。

 今のところBF1をプレイしていて不満に思ったことはないです(設定は1080pでウルトラの場合は。)。問題はshadowplayの録画がうまくいかない場合が多い点。HDDへのアクセス速度が問題かもしれないけど(USBオーディオも怪しい)、それ以外は快適すぎます。一番安かったんで玄人志向にしましたが、メーカーは好みで選ばれるといいのではないでしょうか。OCもしないんで満足満足。

 また、今後遊びたいジャンルとしてVRが挙げられるのでそれも踏まえての購入でした。ただし、VRはgtx1060でおおよそ必須スペックなので、とうぜんながら推奨スペックではないでしょうね。VRHMDを接続しての動作がどうなるかは分かりませんが、そん時はそん時です。当分はこれで遊べるから十分じゃないかねぇ。PS4のPSVRも気になるけど、ギャルゲが出なきゃ買わんw。

 …ところで、こんな金どっから出てきたのかというと、ブラウザゲー用に買おうと思っていたwinタブから、ですね。モン娘オンラインがサービス終了したんで一旦は保留ということになりました。また他にも候補としてはMacbookAir2016が消滅したこともあります。仕事用に欲しかったが、pro程の性能はいらないし、MacBookもどうせ来年発表あるでしょってことで候補から外れる。そこで目が言ったのが1060だったというわけです。

 そうそう。モデリングソフトでZBlushCoreが出ましたね。k2000だったのはそういうことを趣味でやってみたかったからと結構前に書きましたが、ようやく良さげなエントリーモデルのソフトが出てくれました。余裕が出たら買っていじってみたいです。

 それでは今月はこの辺で。


 おまけ
小日向 未来2
小日向未来の誕生日に描いた絶唱しないっぽいシェンショウジンのミク

火向井ゆり4
バトガの火向井ゆり
[ 2016/11/25 21:21 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

今月は……。うたわれ全然終わらん…。

2015072216403640c.jpg
 「おい、キャロルよ!毎月恒例のシンフォギアが滞っておるではないか?どうしたというのじゃ?」
繝峨ャ繝育オオ56
 「俺が知るか!…いえ、私は知らないのですよ、板場姫殿下。」

 …という中の人からの連想で最近の現状が分かる人は分かるでしょうね(笑)。それっぽく話すとすれば、、、

2016101323331090e.png

 「聖上、ネコ…いえ、キャロルに変わり某がお答えいたしましょう。今月が別段忙しいという訳ではありませぬ。ただ、某にはやらねばならぬことがありまする故、作業の程が滞っております。--して、その訳…でありますが、聖上もご出演なされている「うたわれるもの二人の白皇」を寝る間を惜しんで進めているのが遅延の最たる理由。なにとぞ、聖上にあらせられましては寛大なお心でご容赦願いたいと存じまする。」

2015072216403640c.jpg
「なるほどな、オシュトルよ…って!もういいっての!アニメじゃないんだから!」

 という仮面の人(?)の言うように、某はうたわれを9/24から10/11までの期間で大体50時間→68時間経っても終わらん、、、をプレイしてます(笑)。ゆっくりやってたり、途中放置しているので実時間はもう少し短いはずですが…大体の私的時間はうたわれかブラウザゲームのオート戦闘放置ですごしていたら流石に時間がたりませんのよね。そんなわけで、今回は「うたわれるもの」についての思い出話でもちょっとですが書こうかと思います。

 あ、ちなみに、さっきの中の人ネタが分からない人に言っておくと、アンジュ=赤崎千夏さん=板場弓美、ネコネ=水瀬いのりさん=キャロル…という構図でした。その他にもうたわれには、エルフナイン役の久野ちゃん(シノノン)も出てたりしますが、某右近衛大将お二人は出てませんね(音響監督でも違いますし)。…まぁ、んなこたぁどうでもいいよな、アンちゃん!


 さて、「うたわれるもの」との出会いは高校時代にさかのぼります。正直どうしてうたわれるものに触れるようになったかという切っ掛けは定かではありません。強いて言うなら、あの当時は声優さんに興味が出始めた時期でもあり…その時観ていたアニメというのはグイン・サーガやらCLANNADでしたね。もしかすれば、そういう関係で候補のひとつにあがったのかもしれません。ユーーズーーハーー!(中原さん)なあの人が共通して出ているからでしょうか?能登さん出演のアニメで選ぶことはありましたが…記憶は定かではありません。まぁ、そんな訳で、うたわれるものはアニメから入りました。


 とはいえ、当初は抵抗が大きかったでしょう。仮面…しかも某赤い人とか某タキシードみたいなカッコイイ仮面ではなく、どちらかといえば能のような異形の仮面です。ナンダコレハ?というのが率直な感想だったはず。とはいえ、このうたわれるものにはそんな抵抗を覆すいくつもの好きな要素が詰まっていたのです。いえ、つまり過ぎていました(笑)

1 過去の遺物をめぐる物語。または、その手のものが物語りに含まれる

 コレ重要。好きな作品をちょっと上げてみると…『シンフォギア』『そらのおとしもの』『マクロス』『ターンA』『イデオン』『ワイルドアームズ』…などなど、ジャンルは違えど、大体超常的な産物(遺物)が関わる作品ですね。それも、過去とは何か?人間とはどこから来たのか?…とでも言いたげなお話が揃ってます。当然、『うたわれるもの』もそのひとつで、むしろこういうものが好きになった最初の作品だったりするんです(上記作品はあくまでロボットという見方でしたし)。まぁ、それが「うたわれ」でわかるのはだいぶあとになるんですが、分析の最初になるのがやっぱりコレかなとも思いました。(とはいえ、某ティアーズな作品はまだ未プレイなんですよ…)


2 聞いたことある声が多数…。

 自身は声オタ…とまでは思っていませんが、やっぱり声優さんの芝居は好きです。とりわけ、映画の吹き替えって結構面白かったりするんですよね。字幕とセリフが違うのを意識し始めたからかもしれませんが、いわゆるアドリブだったり、「あ、この人ジャミルの人だ」という雰囲気の違いからそこを楽しむようになりました(声優さん自体興味を持ったのはラクスと水銀燈からだが)。

 それで、うたわれるものといえば、当時から知っていた声優さんが多数いたわけでして…つまり、聞いてて安心したんだろうなというのも理由にあがります。主人公ハクオロを演じる小山力也さんやカルラ役田中敦子さん、ベナウィ役浪川大輔さんといえばドラマや映画の吹き替えでよく見る顔ぶれですし、それ以外にも沢城さんや釘宮さんという顔ぶれも有名です。いや、中後半になれば某東方先生や赤い彗星、リュウさんも出てくるという(笑)実に楽しい(うれしい?)面子ですね。おそらく、これが第二の理由になります。

20150802092810985.jpg
「カーカッカッカ!…ん?わしゃこんな喋り方だったのう?」

 そうそう、うたわれと言えばラジオも有名ですよね。嘘か本当かは知りませんが、作品は知らずともラジオだけは知ってる、または、ラジオのために原作見たなんて人もいるとかいないとか。演技が上手い人たちが必ず話し上手であるとは限らないでしょうが、本編そっちのけで楽しいのもうたわれの魅力でしょう。

 ちなみに、仮面のメイドガイに出会ったきっかけはくそういう理由です、はい。一人二役なドラマを聞いたのが出会いでした。
fc2_2015-08-22_07-15-53-092.png
「クークックック…奴の笑い声は表記上この俺と似ているが実際は違うからな。」


3 キャラが好きだった!

 最初期のブログヘッダーは謎の黒い羽の生えた少女でしたね。いわゆるモンスターのような天使のような亜人間が好きなんですよ。なので、オープニングで目に付いたのはアルルゥとムックル…ではなく、カミュだったりしました(笑)。うたわれといえば、いわゆる獣耳キャラが出てきます。そゆの好きなんでココはハクオロさんより抵抗ありませんでした。
fc2_2015-08-14_00-52-21-407.png

「なに…!?自分はそんなにも抵抗があったというのか?」

 一話でエルルゥの尻尾を触るシーンは萌えましたね(なんか懐かしい響き)。あのシーンは結構お気に入りです。
fc2_2015-08-14_00-52-06-062.png
「まだそんな事覚えているんですか。」
「まてエルルゥ!これは違うんだ!!」


4 うたわれは臣下の成長物語?

 この解釈が本当に正しいか…とは言い切れませんが、自分にはそう感じた節があったので書きます。普通、物語といえば主人公が成長していくお話ですが(むろんハクオロさんも成長していますが)、どちらかというと、周りの人々(臣下)とハクオロさんの関係の成長物語のようにも感じます。簡単に言えば、真の大人(もしくは上司?)とは何かというテーゼに触れる作品だということです。個人的に空想の上とはいえ、ハクオロさんほど頼りにしたい大人というものはあまりいませんね。

どこがいいかというのをあげるとキリがないですが、印象的だったのは、カルラがハクオロに故郷であるナトゥンク援助を願うシーンですね。カルラはその対価として自らの魂までを捧げるウィツァルネミテアの契約を持ちかけます。そんな隷属的な交渉に対してハクオロは否定せず静かにカルラの要求を受け入れるのでした。むろん、受け取ったのはその覚悟のみです。ただ、あのシーンには、ハクオロの大人の対応、そして、カルラにしても普段の軽々しい雰囲気を出さない正装で臨むという、両者のシーンがよく写っています。他者から影響されたのがきっかけではありますが、変化がよくわかるところだと思います。そんな光景がうたわれの好きなところの一つでもありますね。

 …といった具合に好きな要素が重なっていたこともあり、のめりこむのはあっという間でした。大学になってPC版原作をプレイ(これはこれでムフフであったが)し、時期的にOVAの販売、そしてPS3の続編…という流れに乗る形で現在に至ります。とはいえ、続編発表からすんごく待たされましたよね。一時は中止したんじゃないかというくらい情報がありませんでしたし。いきなり実写CM観たときはビックリしましたよ(笑)。

 
 …さて、長々と書いちゃいましたが、今プレイしている二人の白皇もエンディングが近いことは確かです。完結という名にふさわしい総キャスト勢ぞろいで繰り広げられる物語は、ハクオロやトゥスクルのその後や、大いなる父(オンヴィタイカヤン)の謎、それから当然帝暗殺やオシュトルたちの足取りが分かる作品だといえます。…ので、絶対買って損はないはずです。紙芝居は苦手、ページをめくるゲームは苦手…という貴方、大丈夫フルボイスです。アニメ100話分の密度なんだから絶対買うのじゃぞ!

以上!

PS:キャラ崩壊ごめんなさい…。

 ゲームはもうそろそろ終わるので、月末くらいには完成すると思います。


 
レンゲ6
バトガの蓮華を描いてみました。
[ 2016/10/14 23:34 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

広告出さないための記事(そゆ方法の話じゃありません)

なんか最近忙しいゾ。理由は二つ。

ひとつ、純粋に忙しい。時間を回す余裕がという意味で。
ふたつ、ブラウザゲームのレイドイベントに費やしてしまってる。(←ええい、冗談ではない!)

…といった感じです。まぁ、実は三つ目もあって、行きつけのレンタル屋さんが潰れるって言うことで、今まで見ようと思っても手が出せなかった映画を週5本ペースで観ているというのが真の原因(笑)でしょう。いやね、セガールの過去作ってチェーン店じゃなかなか全シリーズ置いてなかったりするのよ。暫くは見納めになるのが辛い…午後ロードさんたのんます。



おまけ。
いつも笑顔で笑ってる男性二人をドット絵置き換えしてみました。上2作以外は過去のデータ。(こぞって狂気キャラ)
20160704014307f22.png
サウザー様(イチゴ味の)
20160704014246dcd.png
盟主王
繝峨ャ繝育オオ50
ウェル博士(過去作)
繝医y繝・ヨ邨オ45
響パパ
fc2_2015-08-22_07-15-21-624.png
貴族主義
20150802092812c77.jpg
インド王
20150802092939ffb.jpg
コネクティブヒナァ!
20150802092807cc5.jpg
テメェーッ!瞬っ殺!
20150802092810985.jpg
東西南北中央腐敗
[ 2016/07/04 01:50 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)