勝手な妄想倫理。Q:命を助けたヒロインに主人公が要求できるのはどこまでなのか?

Q:命の恩人なら何をしても赦されるのか…?

こんばんわんこそば(古いね)。ちょっとバカな妄想にある程度の傾向と結論が出たので纏めてみました。


想定状況

主人公とヒロインが居ます。イメージとしてそれぞれは全くの他人で、主人公はアホ、ヒロインは冷静にツッコムキャラと思っていただけたらと。基本的に主人公はヒロインに法外な請求をする18禁の主人公くん(エロでもグロでも鬼畜でも)。そう言えば彼の求めるところは分かるかな…。対するヒロインさんはいわゆる"お約束"なんてアリエナイっていう娘です。おそらくそういう系の作品が嫌いなイメージ。

何が起こるのか。

想定するシーンはカリオストロの城でクラリスが崖から落っこちてルパンが助けるシーンを思い浮かべてください。むろん「ルパンとクラリスじゃないので!」あくまでそんな感じに助けたっていうイメージです。(TVシリーズ2ndの最終回偽ルパンならいいかもしれないですけど)。まぁ、銃弾を庇ったりだとか、相手を押し倒してoops!みたいなものでもいいんですが、自分はコレで想定したのでちょっと雰囲気が変わってしまうかもしれないです。

中の考察は案外必要だと思うんですが、結論だけという人はレベル6までの会話と、一番最後の結論を見れば終わるでしょう。間違ってる部分も多いと思いますが、そこはご容赦を。むしろ、どこが違うのかを指摘してくれましたら新たな発見になるのでよろしくお願いします。
あ、最後に…このタネはくだらないです。くだらないなりの暇つぶし考察でした。そのためを遠回りたくさんしてます。

以下、私の考えたシナリオ↓↓↓

…とある崖で落ちかけてたヒロインを救った主人公。



ヒロイン「あ、ありがとう…助けてくれて。あなたは命の恩人だわ。」

主人公「なに、当然の事をしただけの話さ。」

ヒロイン「それじゃあ。」

主人公「おい、ちょっと待った!」

ヒロイン「え…?」

主人公「“え…?”じゃないよ。何もないのか?

ヒロイン「あ、ああ…お礼ね。でも、どうしたらいいのかしら?。」

主人公「俺はあんたの命を助けたんだ。なら、あんたをどうしようと俺の自由のハズだ。煮て食おう焼いて食おうが俺の自由。…違うか?

ヒロイン「そんなッ?!」

主人公「驚くことないだろう!?俺が助けなきゃ、あんたは今頃この世にいないんだ。

ヒロイン「だからって、何をしても言い訳ないじゃない!奴隷になるくらいなら助けられなかった方がマシよっ!

主人公「しょうがないな。もう一度落とすか。誰も見てないんだから、落としたって誰も解らないさ。」

ヒロイン「ちょっと待ってッ!待ってッ!…それなら、助けたヒロインに対しての要求がどこまでが赦されてどこまでが赦されないか、またはそもそも要求できるのかを考えましょうよ!

主人公「おうともよ!」


ヒロイン「まずはいきなり命を助けるっていう究極の議題じゃなくて、日常レベルから考えてみたの。

主人公「なんで?」

ヒロイン「どこまで要求できるかが仮に"度合い"によるのなら当然考える道だからよ」

主人公「そうかい」

ヒロイン「みんなも一緒に考えてみてねっ!」



[ 2015/08/14 16:19 ] アニメ アニメ×倫理 | TB(0) | CM(0)

ホントに禁忌?ハガレンの人体錬成。

ハガレン

 鋼の錬金術師ことエドワード・エルリック曰く、人体錬成に必要な物質は・・・

水35リットル
炭素20kg
アンモニア4リットル
石灰1.5kg
リン800g
塩分250g
硝石100g
硫黄80g
フッ素7.5g
鉄5g
ケイ素3g
その他少量の15の元素

・・・だという。まあ、科学的な事は「空想科学漫画読本」に書いてあるらしいww

 あくまでここで語る内容は「人体錬成の善悪」について考えてみたいと思う。(ガンダムばっかしやってると退屈になることもあらあww)

 

 さて学問的な立場で言うならば、この問題はまさしく「生命倫理」に当たる。つい最近の事だが、ガッコで「ES細胞」と「ips細胞」について議論した。・・・ん?このブログってアニメ系だよな。なに学問領域に入っているんだかwwまあ、不特定多数の誰かさん、またはアニメ好きでもこういった事に興味を抱いて考えて欲しいナ。

 簡単に説明すると、人はどこから人間になるのか?という議論であった。「ES細胞」と「ips細胞」はそれぞれの性質は違うが、両者ともに人から出来たもの。まあガッコじゃないんだし、この2つの違いから人の区別は考えない事にする。そもそもこれは、将来人間の変えパーツを作った場合、人から出来てるそれは人ではないのかっていう事だ。

 皆はどう思うかな?


 それでは本論に入りたい。エド達は人を「ほぼ物質」から作ったと言えよう。皆はどう思うかわからないけど、少なくとも俺は人から作られる「ES細胞」や「IPS細胞」よりマシだと思う。なぜなら、完全に物質だからだ。

 確かに物質論的に言ってしまえば「ES細胞」や「IPS細胞」も所詮は物質かもしれない。しかし、どう考えてみても皮膚と炭は違う。(しかし、人を構成するという行為自体には疑問が残るのだが・・・。)そういう意味では「人体錬成は禁忌ではない」と私は考える。→今後続きを書くかも・・・


 一方的に俺の意見を終わらせてしまったが、本当に考えて欲しいところはこれからの部分だ。


 たとえばの話をする。「仮に人体錬成が悪でない社会でこれをやれば普通の事である」
 
 何を言いたいか?。それは「われわれの感性というものは常識によって作られた理性からきている」ということだ。メタ的な議論なのだが、やはりわれわれの意識は常に常識に縛られる。ついつい生命に関わる倫理になれば人は臆病になる(もっとも、人を殺すなとかそういう事は正しいから残ってきたのだが・・・)。

 
 まあ、皆に考えて欲しい事は、可能世界もしくは仮世界を考えて欲しい事だ。世の中このような事を考えられる人は少ない。気をつけて欲しいのは妄想世界ではない事だ。可能世界とか仮世界というのはあくまで「ifの世界だったらどうなっているのか」考える世界だ。なんとなく我々で言う妄想世界もそうだがそれって、もし俺のセシリアがもし嫁だったらww・・・とかの話だろww。そうじゃなくて、もしISの世界で男もISに乗れたら世界はどうなるのか、という具合にだ。わかったかなwww。

 因みに俺はハガレンが好きだ。何故かというとハガレンは「絶対悪」というものが真理として規定されている所だ。(TVしか見てないから本当は違っているかもしれないが・・・)。本人の思惑はどうあれ、人体錬成をすると代償を伴う・・・、これって善悪が規定されている、それも人知を超える大きな力によって(これの善悪も考えていくとキリがないのでやめるww)。ここに俺は作品として、倫理的な面白さがあると考える。

 さて本題に戻そう。ハガレンとわれわれの世界を繋いで考えよう。もちろん我々の世界で人体錬成しても真理の扉クンはやってこないwww
真理の~1
真理の扉:「な、なにぃ!?」(映画版はナシで)

 という事は「我々の世界で人体錬成はやってもおk、救世主ではないか!」(出来るのは本当の人として)
 
 要するに、違った世界(可能世界・仮世界)と現実世界では必ずしも評価が同じではないということだ。・・・だから何?って思われるだろうが、それでも構いません。アイデアの参考にでもしてくださいww


 だからハガレンで悪だったから現実でも悪とすることは必ずしもない:仮にそういう技術ができたらハガレンを皆参考にして考えるだろう。平たく言えば、漫画での正義が正しいから現実でも正義とかもそうだろう。

 だが当然その逆も言えて、現実で悪とされてるがアニメでは善?(ex:まあ十中八九間違えだが近親相姦とか)という事もしばしばある。そういった考えに対し、現実で正しいとされる事柄をアニメを見ることによって再評価出来るということだ。アニメというメディアはそういう事を可能にするはずだ。だからもしこの記事を非アニメファンが見て下さったらアニメについて考えて欲しい。アニメの世界が正しく、現実世界が間違っているという事もあるはずだ。決してアニメを見てるのは心が子供という事ではないという事である。

 それ故、私はアニメ思想というものは十分に学問になりうると考える。よってここにアニメ×倫理のカテゴリ開設を宣言します。次回は未定。
[ 2011/10/15 23:01 ] アニメ アニメ×倫理 | TB(0) | CM(0)

今後の予定(アニメ倫理)

 さて未熟ながらもガンダム以外のアニメ中に存在する倫理について考えてみたい事をまとめてみる。
注意点として、ガンダム以外のアニメについて詳しい設定を完全に理解している訳ではありません。それ故、劇中に私が解釈した事を元に考察します。そのため漫画の内容は考慮しません。

・鋼の錬金術師
人体錬成について

・魔法少女まどか☆マギカ 
希望と絶望の代償

・エヴァンゲリオン
人類補完計画

・地獄少女
地獄通信

・ドクロちゃん
そんなに撲殺していいの?むしろ愛の形について?


・デスノート
デスノート

・コードギアス
ルルの犠牲は正しいか(ガンダム系との対比)

とまあ、こんな感じでやりたいと思います。もっともガンダムに書き飽きたらですが・・・
[ 2011/09/09 22:09 ] アニメ アニメ×倫理 | TB(0) | CM(0)