YOUKOSO! 本ブログについて
 


-以下の内容でこのブログは語られます-
 

①ガンダム ②シンフォギア ③ホビー関連 ④倫理 ⑤哲学 ⑥ゲーム ⑦その他、興味の湧いたこと。

-サイト詳細- 本サイトは主に「ガンダム」について書いていくブログであります(→ありました)。 …というのは以前までのお話。今後は興味の惹かれたことに対して書いていく方針にしました。 基本的方針としては、簡単・明瞭・問題提起→考察・問題点・解決案…といった具合に、 まずは簡単な記事、それから考察する長ったらしい記事の二構成で進めていこうかと思います。 つまるところ、最初で興味なければ後はスッとばせて尚且つ面白ければ深まるような構成に していくよう心がけるデスよ。 *不都合な記事がありましたら即刻削除いたします(特にセリフ集など)。

おしらせ

 三年にわたり続けてきましたシンフォギアセリフ集ですが諸々の事情を考慮した結果、店じまいにすることにしました。決してシンフォギアが嫌いになったとかそういう理由ではありません。ただ、シンフォギアというコンテンツが大きくなった分、製作陣ならびに原作者に対しご迷惑をかけたくないという理由からです。

 もともとセリフを抜粋することさえも限りなく黒に近いグレーであるのに対し、やめるべきであろうな…とは思いつつも、自分はシンフォギアを何度も見直す中、いわゆる金子節にとても魅了されていきました。そんな語録を少しでも理解しようとまとめていったのがこれをするきっかけでした。また、そんな面白さを通じてシンフォギアが広まればいいなという想いも当然ありました。

 しかし、モノは使いよう…当然自分が悪事に与してなどいませんが、これが第三者にどう使われるかが問題です。去る先月、その悪質的利用の実態の一部が報じられました。翻訳サイトが日常化する現在、コピペするだけで翻訳がかなってしまいます。それはつまり、自分の意図しないところで結果的に自分もそういう輩に与する可能性があるということにほかなりません。

 今までは細々とやってきましたが、そういう懸念もあり、問題が起きる前に店じまいすることにしました。何より、自分の好きなものからノーと言われることほど恐ろしいものはありません。愛を超越すれば憎しみになる…なんてのは真っ平御免被りたいです。

 「いいか、断じて不承不承ながら了承というわけではないのだッ!」

 …と、少し遊んでしましましたが、諸々の事情とはいわばそういうことです。遡っての記事は削除したくない部分もありますが(それでも思い出ですし…)、全セリフ集など利用性が高い記事は順次すべて削除します。

 ただ、名言集と今まで書き綴ったシンフォギアの謎(?)トピックに関してはその限りではありません。本来、そういうあまり焦点が当てられない部分を見ることが当ブログの趣旨であって、それが斜め切りであると思っています(意味違うだろうけど)。むろん、こちらに関しても厳密な法的解釈では違法という分類になるでしょう。とはいえ、一部であれ抜粋もせずに感想や作品を語るなど、それはもはや騙りになってしまうはず。一介のファンが願える立場ではないことは重々承知していますが、どうか寛大な心でこの面に関してだけはご容赦ください。

以上。
関連記事
[ 2020/10/14 07:13 ] 戦姫絶唱シンフォギア | TB(0) | CM(0)

モン娘オンラインのイラスト


 モン娘オンライン想い出動画Part.Extraのために描いたイラストなど。


モイラ2
 モイラちゃんの羽は地味だけどハーピーの中じゃ一番ケアしてあげたいですね。

フィー
 しーたむの声がしっくりきますね。いつかがんばってモン娘に登場したハーピーを2.5頭身で描きたいです。

キュリー
 キューリじゃなくてキュリー。…しかし、あの手で一体どうやって義手をはめていたんだろか…?


 モン娘オンラインの動画投稿はこの動画を持って出現しないかもしれませんね…。自分にも残念ながらもうこれ以上素材がありません。もし次に続編が出るとしたらsteamあたりで出してくれると海外の人にもwinwinな作品になるんじゃないですかね。でも、そうするとレーティングが問題か…。なんでもあっちじゃいわゆるZ指定らしいですからね。うむ、難しい。
関連記事
[ 2017/06/25 01:17 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

翼さんの誕生日

 シンフォギアキャラクターの誕生日には日付変更とともに告知をするHSさんを今年もみつつ、本日5/25日はサキモリズムこと風鳴翼さんの誕生日です。ということでイラストを描きました。
IMG_4199.png
(着色はあきらめましたー。あともう少し前髪は短いでしょうね…。)

 昨年は確かばくおん!の放映もあったのでバイクがトレンドだったような気もしますね。ちなみに、翼さんが大型バイクの免許を持っているのは陸自所属時に特別に取得したものという設定があります(階級は曹長だという。相良軍曹よりも階級上なんですよ。)。また、翼さんのバイク(一期)は600cc、SSクラス!リッチです(笑)

 なんか最近は翼さんは歌い人が夢(あたりまえだろ)という描写しかありませんが、たぶん彼女の第二の夢はレーサーでしょう、きっと。週末は鈴鹿でも走ってんじゃないですかね。これらのネタは大体シンフォギア無印の設定資料集なんですよ。

tubasa1.png
(昨年のドット絵。GXのOPより)

 …ところで、マリアも意外とバイクが似合いそうな感じな気もします。でも、調のアレ(禁月輪)は某特撮に出てきたバイクっぽいですよね。バイク、バイク、バイク型戦艦…なんちって。あ、金子さんもVは好きなんだとか。


 おしまい。

 おまけ。

 paint chainerさんが日々進化していますね。軽くトレスした絵がちょちょいのちょいでこんなんになるなんてすごい時代です。

XL9YICUSWNM0IUEVBX829W4C8WO3XHAX_0.jpg
関連記事
[ 2017/05/25 01:19 ] 戦姫絶唱シンフォギア | TB(0) | CM(0)

EPISODE11ディスティニーアーク

全セリフ集はありません。あくまでトピック的な記事。

 シンフォギアAXZ放映までもうちょっとですね。ついこの間のハレルヤ(2017.5/18)ではEDソングも発表されました。その名も「Futurism」。未来派という意味があるそうです。ミクじゃなくて、未来ね、フューチャーな。
繝医y繝・ヨ邨オ46 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ
「そんなん聞いてないわ。」

 ちなみにAXZに登場するパヴァリア光明結社という奴はキャロルの背後組織でもあり、Gの12話にてマリアの宣言内にもあったワードですね。

 そうそう、そういえばEPISODE11のディスティニーアークというのも実はWA3では教団みたいな組織だったりしました(それ以降は分かりません。)。
ディスティニーアーク
このWA3のディスティニーアークの設定はやっぱりシンフォギアと似ていますね。

 ところで、今回はどんな話だったかというと、未来が響の元にようやく戻ってきたり、フロンティアの力を手に入れたウェル博士が米国所属艦隊を殲滅したり、調と響が勝手に出撃しちゃう…というのが大間かな話でした。今回はそんなウェル博士のお話をひとつ。


 ウェル博士のフルネームはジョン・ウェイン・ウェルキンゲトリクス(スタッフ本より)。ウェルキンゲトリクスとはフランス最初の英雄とも言われている存在で、フランス(当時はガリア)の人々を纏め上げて当時のヨーロッパ世界(紀元前一世紀ごろ)の覇国であったローマ共和国に敵対した人物とされています。

 ウェルキンゲトリクスに関する列伝は詳しく読んだことがないので全然かけません。申し訳ないです。彼を殺した側のお話としてしか自分は知りえていません。
繝峨ャ繝育オオ50
「きぃぃ~~~!!」

 彼を殺した人物は、古代ローマを語る上で絶対に出てくるであろう英雄のひとりであるユリウス・カエサル。たぶんですけど、あの時代には英雄はいました。シンフォギア的に語るなら、フィーネのひとりだったんじゃないですかね。

 簡単に彼の功績を上げるなら、彼の人生において戦場での敗北という言葉はほぼほぼなく、コピーライターとしての才能もあり「来た、見た、勝った」とか「ブルータス、お前もか」、クレオパトラを鼻先でせせら笑う(たぶん直接的にはしなかったでしょうが)とか、上げたらキリがないくらい才能にあふれた存在だったそうな…。こんな人物だからこそ先見性があって共和制から帝国性を唱えてローマの未来を見据えていたわけだが、その才能ゆえに嫉妬とかもされて残念ながら殺されてしまったという人物です。

 また、彼の特徴としてはクレメンテイア(寛容)があり、敗者を取り込むローマらしい感性の見本とも言うべき存在でもありました。古代ローマってそういう国だったみたいですね。敗戦国のエジプトとかエルサレムとかカルタゴとかみんなそんな感じに状況に応じてローマの国として扱われたんだとか。


 しかし、そんな寛容の持ち主とされるカエサルにしても唯一処刑を命じた人物がいました。それがウェルキンゲトリクスです。戦勝パレードで晒し者(曖昧ですが確かエジプト帰りの凱旋だったでしょうか?)にされて後に処刑…という感じだったはず。まぁ、そのあとカエサルも暗殺されちゃうのである意味死亡フラグだったのかもしれませんね。


 もっとも、個人的にはナスターシャの発言(暴走するドクター)より古代ローマの三代目皇帝カリグラを彷彿させました。カリグラは初代皇帝アウグスティスによって築かれたローマ帝国という国、そして二代目皇帝ティベリウスによって地盤固めされた国を若干24歳で手に入れたという人物です。…まぁ、諸々のお話は塩野七生のローマ人の物語でも読めば判るので割愛しますが(この本凄く面白いですよね。)、最終的には腹心によって殺害されるという彼もまたローマ皇帝らしい最期を贈ったという羨ましい人物なのです。

 まぁつまり、どちかっていうと、ローマに挑んだウェルキンゲトリクスよりも、英雄に固執したという側面のカリグラが皇帝のほうがしっくりきたと思ったまでですね。もっとも、ウェル博士はGXにて汚名挽回(汚名返上)するカッコいいシーンがあることからも、やっぱり最後まで愛されたキャラクターだったといえるでしょう。ジュデッカも大喜びなハズ。

 
 そんなウェル博士も!まだまだ活躍の場はあるみたいデスッ!シンフォギアXDでは平行世界という設定が出てきて敵として活躍してくれるそうです。歌も…あったりするのかな?

 それでは。
関連記事

出るわ出るわの悪評

馬鹿めといってやれ

こういうのは容赦なく報告していくスタイルです(`・ω・´)。
関連記事
[ 2017/04/22 04:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)